東大早慶調整率2016 - 11位〜20位

※この記事の投稿日は2017年1月4日です。

  • [種]の欄は、国:国立、公:高校募集のみの公立、中:公立中高一貫校、高:高校募集のみの私立をそれぞれ意味します。空欄は私立中高一貫校です。○印は男子校、●印は女子校、◎印は共学校
  • 卒数(下二桁は[x]でマスク)から右は、東大率、早大率、慶大率、東大早慶調整率、前年の調整率、左の順位
  • △は上昇、▼は下降です。
  • 調整率、前年率の右にある[*]は、調整率=東大率
校名 卒数 東率 早率 慶率 調整率 前年率 左位
11 女子学院 2xx 16.0 92.0 39.9 15.96* 12.80 14△
12 武蔵 1xx 15.6 47.3 33.5 15.57* 16.27* 10▼
13 渋谷渋谷 2xx 14.6 57.8 35.4 14.56* 16.02* 11▼
14 筑波大附 2xx 13.9 57.6 31.2 13.85* 6.88* 31△
15 浅野 2xx 11.2 56.6 52.1 12.67 14.93* 13▼
16 早稲田 3xx 12.5 81.9 25.7 12.50* 11.07 17△
17 豊島岡女 3xx 11.9 48.5 27.3 11.92* 8.83 22△
18 慶應志木 埼○ 2xx 0.4 98.0 10.91 11.11 16▼
19 慶応湘南藤沢 2xx 97.9 10.87 11.02 18▼
20 慶応義塾 6xx 0.1 97.3 10.81 10.80 19▼

 今回は11位から20位の範囲です。この範囲は下方に慶大附属校が登場します。この範囲に上昇してきたのは、筑波大附属が31位から14位、豊島岡女子が22位から17位です。範囲内で上昇は、女子学院14位から11位、早稲田17位から16位となっています。