東大早慶調整率2016 - 1位〜10位

※この記事の投稿日は2017年1月4日です。

  • [種]の欄は、国:国立、公:高校募集のみの公立、中:公立中高一貫校、高:高校募集のみの私立をそれぞれ意味します。空欄は私立中高一貫校です。○印は男子校、●印は女子校、◎印は共学校
  • 卒数(下二桁は[x]でマスク)から右は、東大率、早大率、慶大率、東大早慶調整率、前年の調整率、左の順位
  • △は上昇、▼は下降です。
  • 調整率、前年率の右にある[*]は、調整率=東大率
校名 卒数 東率 早率 慶率 調整率 前年率 左位
1 筑波大附駒場 1xx 63.0 42.6 35.8 62.96* 71.34* 1
2 開成 4xx 42.5 70.8 42.0 42.50* 46.37* 2
3 栄光学園 1xx 32.4 54.0 40.3 32.39* 25.42* 7△
4 麻布 2xx 31.4 64.2 42.1 31.44* 29.43* 6△
5 聖光学院 2xx 31.1 59.6 52.6 31.14* 32.74* 5
6 桜蔭 2xx 25.5 51.9 32.0 25.54* 32.76* 4▼
7 駒場東邦 2xx 24.1 58.6 37.6 24.05* 35.81* 3▼
8 渋谷幕張 千◎ 3xx 21.8 60.7 35.0 21.78* 16.33* 9△
9 日比谷 3xx 16.6 59.7 49.1 16.56* 11.75* 15△
10 学芸大 3xx 16.2 47.6 35.3 16.24* 15.43* 12△

 今回は1位から10位までの範囲です。まず、この範囲に登場してきたのは、日比谷と学芸大附属です。日比谷は15位から、学芸大附属は12位から上昇してきました。1位と2位は、前年と同一で、筑波駒場、開成の順序です。
順位を上げたのは、栄光学園が7位から3位、麻布が6位から4位、渋谷幕張が9位から8位となっています。聖光は5位で前年と同一順位です。