七帝早慶調整率2020 - 群馬県

※この記事の作成日は7月24日です。

 最初に計算式を紹介します。

  • 七帝調整率=(東大+京大÷2+阪大÷3+名大÷4+東北÷5+九大÷6+北大÷7)÷卒数
  • 早慶調整率=((東大+早大÷6+慶大÷3)÷3-東大)÷卒数、※負数は0に切り上げ
  • 七帝早慶調整率=七帝調整率+早慶調整率

 次に順位表です。左端が県内順位、左から二番目が全国順位です。

  • TH=東北、SK=早慶調整率、NSK=七帝早慶調整率、一桁目は[x]でマスク
校名 TH SK NSK 前位
1 124 中央中教(中) 12x x x x x x x 1x x 6.40 130△
2 172 前橋 31x x x x x 2x x 2x 1x 4.90 127▼
3 173 高崎 30x x x x x 2x x 3x 2x 4.90 165▼
4 181 四ツ葉学園(中) 11x x x x 1x x 4.63 195△
5 208 太田 27x x x x x 1x x x 1x 1x 3.85 346△
6 322 前橋女子 31x x x x x x 3x x 0.09 2.11 461△
7 470 沼田 15x x x x x x 0.22 1.17 -△
8 510 高崎女子 31x x x x x x 0.30 1.03 628△
9 624 太田女子 27x x x x x x 0.08 0.69 522▼

 群馬県からは、9校がNSKの値0.5を超えています。1位は中央中教、2位は前橋、3位は高崎です。以下、四ツ葉学園、太田、前橋女子、沼田、高崎女子、太田女子の順番です。
 1位の中央中教は、昨年の県内2位から上昇しました。早大二桁合格です。2位の前橋は、東北大、早大、慶大で二桁合格です。3位の高崎も、東北大、早大、慶大で二桁合格です。