七帝早慶調整率2020 - 埼玉県

※この記事の作成日は7月24日です。

 最初に計算式を紹介します。

  • 七帝調整率=(東大+京大÷2+阪大÷3+名大÷4+東北÷5+九大÷6+北大÷7)÷卒数
  • 早慶調整率=((東大+早大÷6+慶大÷3)÷3-東大)÷卒数、※負数は0に切り上げ
  • 七帝早慶調整率=七帝調整率+早慶調整率

 次に順位表です。左端が県内順位、左から二番目が全国順位です。

  • TH=東北、SK=早慶調整率、NSK=七帝早慶調整率、一桁目は[x]でマスク
校名 TH SK NSK 前位
1 37 浦和・県立 37x 3x x x x 3x x 1x 13x 7x 13.39 28▼
2 55 慶應志木 25x x 25x 11.18 11.18 49▼
3 137 ◎栄東 47x 1x x x x 1x x x 14x 6x 0.74 5.99 110▼
4 150 大宮 41x 1x x x x 1x x x 9x 5x 0.64 5.58 155△
5 155 ◎早稲田本庄 32x 31x 5.47 5.47 144▼
6 188 川越 36x x x x 2x 1x 7x 2x 0.61 4.49 214△
7 202 浦和明の星 17x x x x 5x 1x 1.60 4.12 284△
8 233 春日部 42x x x x 2x x 1x 5x 2x 0.80 3.44 229▼
9 261 ◎開智 55x 1x x 1x x x 9x 3x 0.40 2.90 194▼
10 271 浦和第一女子 40x x x x x x x 5x 2x 0.69 2.79 281△

 埼玉県からは、25校がNSKの値0.5を超えています。1位は浦和、2位は慶応志木、3位は栄東です。以下、大宮、早稲田本庄、川越、浦和明の星、春日部、開智、浦和第一女子の順番です。
 1位の浦和は昨年に引き続き県内1位です。東大、東北大、北大、慶大で二桁合格です。早大で三桁合格です。2位の慶応志木は、慶大に三桁進学しています。3位の栄東は、東大、東北大、慶大で二桁合格です。早大で三桁合格です。

校名 TH SK NSK 前位
11 288 浦和・市立(附) 32x x x x x 5x 1x 0.75 2.48 321△
12 292 本庄東 39x x x x x x x 4x 1x 0.68 2.42 357△
13 350 大宮開成 47x x x x x x 3x 2x 0.79 1.89 389△
14 432 ○川越東 44x x x x x x 2x 1x 0.57 1.34 465△
15 452 西武学園文理 30x x x x x 1x x 1.26 512△
16 503 不動岡 36x x x x 2x x 0.43 1.05 655△
17 535 川越女子 36x x 4x x 0.72 0.94 511▼
18 558 越谷北 38x x x 4x x 0.76 0.86 673△
19 568 城北埼玉 21x x x x 1x x 0.54 0.83 597△
20 586 淑徳与野 35x x 3x x 0.72 0.78 501▼
校名 TH SK NSK 前位
21 597 36x x x 2x x 0.55 0.74 615△
22 605 ◎開智未来 18x x x 1x x 0.09 0.72 534▼
23 639 立教新座 31x x x x 0.40 0.66 579▼
24 640 熊谷 32x x x x x x 0.30 0.66 481▼
25 716 狭山ヶ丘 40x x x x x x 0.13 0.52 705▼