国公立医学部2018 - 偏差値69

※この記事の作成日は4月29日です。

 今回は偏差値69の東北大医学科と千葉大医学科を紹介します。偏差値69は偏差値68の東大理一基準だと、難関係数は1.25になります。東大理一より若干難しいというレベルです。

  • 難関係数=基準校出現率÷対象校出現率
  • 合格調整数=Σ(対象校合格数×難関係数)
  • 合格調整率=合格調整数÷卒数

東北大学医学部医学科上位10校

調整率 校名
1 4.68% 仙台第二
2 3.41% 仙台二華
3 2.60% 山形東
4 2.03% 中央中教
5 1.83% 青森
6 1.61% 小石川中教
7 1.56% ◎海城
8 1.37% 新潟
9 1.33% 盛岡第一
10 1.19% ◎海陽

 東北大医学科では仙台第二が1位で仙台二華が2位です。上位10校のうち東北地方の高校が6校で、山形東3位、青森4位、盛岡第一9位となっています。関東地方からは3校で、中央中教が4位、小石川が6位、海城が7位です。北陸地方から新潟が8位、東海地方から海陽が10位です。

千葉大学医学部医学科上位10校

調整率 校名
1 4.83% 駒場東邦
2 3.33% 渋谷教育学園幕張
3 3.25% △筑波大付
4 2.75% 千葉・県立
5 2.74% ◎海城
6 2.71% 桜蔭
7 2.32% 桐蔭学園中教
8 2.20% ◎開成
9 2.17% 栄光学園
10 1.53% ◎暁星

 千葉大医学科では上位10校はすべて関東地方の高校になります。1位は東京都の駒場東邦です。ほかに東京都からは5校あり、筑波大附属3位、海城5位、桜蔭6位、開成8位、暁星10位です。地元千葉県はわずか2校で渋谷幕張が2位、県立千葉が4位です。残りは神奈川県で桐蔭中教が7位で、栄光が9位です。

偏差値69以上の調整率上位20校

 偏差値69は東北大と千葉大のため、主に東日本の高校が偏差値70以上の順位表に加点をしました。

調整率 78 77 73 71 70 69 校名 位(≧70)
1 225.24% 96.3 104.1 22.9 0.7 1.1 ◎灘 1
2 157.81% 147.6 8.7 1.5 △筑波大付駒場 2
3 68.48% 48.7 4.5 1.5 10.4 0.7 2.7 桜蔭 3
4 64.45% 54.3 9.6 0.6 東大寺学園 4
5 48.61% 35.3 5.2 5.6 2.5 ◎開成 5
6 44.35% 6.1 29.0 7.9 0.4 0.3 0.5 ◎洛南 6
7 40.53% 26.7 13.8 甲陽学院 7
8 36.89% 12.5 9.2 3.0 10.5 1.7 鹿 ラ・サール 8
9 33.14% 6.6 9.8 0.8 1.4 13.4 1.2 ◎東海 9
10 30.02% 7.2 5.2 17.0 0.6 ◎久留米大付設 11△

 上位9校までは順位は変わりません。久留米大附設が上昇して10位に入りました。ほかに上昇したのは、聖光、栄光、北嶺で、すべて東日本の高校です。白百合が20位以内に再登場しました。

調整率 78 77 73 71 70 69 校名 位(≧70)
11 29.61% 29.6 ◎片山学園 10▼
12 27.53% 24.4 0.9 0.7 1.6 聖光学院 12△
13 26.02% 24.4 1.6 洛星 13▼
14 23.80% 16.3 4.7 2.9 栄光学園 15△
15 23.22% 15.8 6.8 0.6 大阪星光学院 14▼
16 19.74% 18.5 1.2 ◎麻布 16
17 19.11% 11.4 2.7 1.6 1.3 2.0 ◎北嶺 19△
18 17.33% 6.3 9.3 1.8 ◎女子学院 17▼
19 17.31% 7.0 10.3 △広島大付福山 18▼
20 15.02% 8.2 6.1 0.7 白百合学園 △△

更新履歴

  • 2018/05/13: 総合順位表の表示形式を変更