衆議院議員の学歴2013 - 60代

※この記事は9月7日に書いています。

 60代の小選挙区選出衆議院議員は現在77名です。この年代は、1944年から1953年生まれで、ちょうど団塊世代を含みます。また高校卒業時点では1962年から1971年で、都立全盛期から、学校群導入に移行する時期です。

出身大学
1 17 17 東京大
2 9 26 慶応大
3 8 34 早稲田大
4 7 41 日本大
5 5 46 中央大
6 3 52 京都大、明治大
8 2 58 一橋大、関西大、法政大
11 1 76 長崎大、東北大、福井大、北海道教育大、北海道大、琉球大、国学院大、成蹊大、聖心女子大青山学院大創価大、東京薬科大、東洋大、武蔵工業大、麻布獣医大、立教大、カイロ大、ジョージタウン
1 77 その他

 東大が17名で全体の22%です。早慶日大を含めると全体の過半数を超えます。この年代では日大が早慶に肉薄しています。また、中央大卒の政治家が法学部卒であることを考えると、中央大法学部の人材輩出力も抜きん出ています。MARCHからも1名以上の政治家を出しています。