早慶附属校受験週間2020

※この記事の投稿日は1月4日です。

 一昨年まではこの記事は受験日に公開していたのですが、直前に公開しても資料価値がないので、今年は年明けに公開します。なお、詳細は必ず各校の募集要項で確認してください。この表に間違いがあっても一切の責任は負いません。

試験日 発表日 締切日 校名 所在地
2/06 2/10 (*1) 慶應義塾志木高等学校 埼玉県志木市 66
2/09 2/12 2/12 早稲田大学本庄高等学院 埼玉県本庄市 64 64
2/10 2/12 2/12 国際基督教大学高等学校 東京都小金井市 59 60
2/10 2/12 2/13 早稲田実業学校 東京都国分寺市 65 66
2/10 2/12 2/14 慶應義塾女子高等学校 東京都港区 70
2/10 2/12 (*1) 慶應義塾高等学校 神奈川県横浜市港北区 64
2/10 2/12 2/13 開成高等学校 東京都荒川区 69
2/11 2/12 2/19 豊島岡女子学園高等学校 東京都豊島区 64
2/11 2/12 2/12 (★慶應義塾志木高等学校2次) 埼玉県志木市 -
2/11 2/15 2/17 早稲田大学高等学院 東京都練馬区 64
2/12 2/12 2/13 明治大学付属明治高等学校 東京都調布市 58 61
2/12 2/13 2/13 慶應義塾湘南藤沢高等部(*2) 神奈川県藤沢市 59 59
2/12 2/14 2/15 青山学院高等部 東京都渋谷区 56 62
2/13 2/14 2/18 (★慶應義塾高等学校2次) 神奈川県横浜市港北区 -
2/13 2/15 2/18 筑波大学附属駒場高等学校 東京都世田谷区 71
2/13 2/16 2/17 お茶の水女子大学附属高等学校 東京都文京区 61
2/13 2/16 2/19 筑波大学附属高等学校 東京都文京区 65 68
2/13 2/17 2/19 東京学芸大学附属高等学校 東京都世田谷区 66 66
  • 男女欄の数字は駿台中学生テスト*1の偏差値
  • (*1) 2次試験有り
  • (*2) 受験資格は小学校6年生時に通学圏外に居住していたもの(首都圏外、海外)

 2020年の早慶附属校受験週間は、2月6日の慶應義塾志木から始まり、2月13日の慶應義塾高等学校2次で終わります。受験生によっては、群馬県の県境、埼玉県本庄市早稲田大学本庄)から、太平洋に面した神奈川県藤沢市慶応義塾湘南藤沢)まで、毎日のように移動することになります。また、この期間中は、都内の難関私立校と、国立大附属校の高校募集も同時に行われます。受験生の皆さん、体調管理に気をつけてベストを尽くしてください。