七帝SK率2018 - 北野が躍進した公立進学校推移

※この記事の作成日は4月15日です。

 北野高校が2018年に七帝SK率で全国10位になりました。もちろん、私立一貫校が主流になる前は公立高校が上位を占めていた時代があったでしょうが、少なくとも七帝SK率の資料がある2010年以後では初であり、2010年以前は私立一貫校がさらに優勢だったことから、久しぶりのことだと思います。
 ここで資料がそろっている2010年から公立上位10校を振り返ってみます。七帝SK率は地域のバランスを考慮しているのは『七帝SK率2018と地方別登場校比率*1』で説明済みです。

【2010年】

全位 校名 TH SK NSK
1 13 旭丘 31x 3x 3x 1x 5x x x x 7x 4x 21.94
2 19 岡崎 35x 4x 1x 1x 5x x x x 8x 5x 19.59
3 25 堀川・市立 24x x 4x 2x x x x x 15.82
4 35 岐阜 36x 2x 2x 2x 2x x x x 4x 3x 13.52
5 37 日比谷 31x 3x x x x 16x 14x 0.18 13.23
6 38 仙台第二 31x 1x x 12x x 4x 2x 13.19
7 40 時習館 31x 1x 1x 1x 3x x x x 4x 2x 12.81
8 41 北野 31x x 4x 4x x x x 1x 1x 0.41 12.78
9 42 一宮 35x 1x x 1x 7x x 3x 1x 12.45
10 43 高岡 27x 1x x 2x x x x x 3x 2x 12.04

 2010年は東京都も大阪府も教育改革がまだ成果として現れていない状況です。結果的に、公立高校が強い東海地方が上位に来ています。10校中実に5校です。旭丘、岡崎の愛知県立勢がワンツー状態です。3位に堀川奇跡といわれた堀川がきています。日比谷が久しぶりに東大30人台合格で存在感を示した年でもあります。

【2011年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 18 岡崎 36x 3x 2x 1x 5x x x x 5x 3x 18.57 19△
2 20 旭丘 31x 2x 2x 2x 2x x x 7x 4x 16.79 13▼
3 25 天王寺 31x x 6x 5x x x 2x x 0.43 16.25 63△
4 30 北野 32x x 5x 4x x x x 2x 1x 0.22 14.49 41△
5 33 一宮 35x 1x 2x 1x 7x x 3x 2x 14.08 42△
6 34 堀川・市立 24x x 4x 1x x x x x 13.21 25▼
7 36 鶴丸 鹿 31x 2x x 1x x x 3x x 3x 1x 13.03 68△
8 40 時習館 32x 1x 2x 1x 4x x x 2x 1x 12.45 40
9 41 修猷館 39x 1x 1x 1x x x 13x x 5x 2x 12.44 67△
10 44 大手前 31x x 4x 3x x x x x x 0.18 12.15 72△

 2011年も相変わらず愛知県勢のワンツー状態で、岡崎1位、旭丘2位となっています。ところが、大阪府の4学区制が定着したのか、天王寺3位、北野4位とここにきて大阪府立が上位にきました。大手前も10位に入っています。九州から鶴丸7位で修猷館9位です。東日本勢は10位圏外です。

【2012年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 16 旭丘 32x 3x 3x 1x 4x x x 10x 3x 19.91 20△
2 21 堀川・市立 24x x 6x 2x x x x x 17.62 34△
3 24 岡崎 36x 2x 2x 2x 5x x x x 6x 3x 16.68 18▼
4 26 北野 31x x 5x 5x x x 2x x 0.10 15.96 30△
5 31 浦和・県立 36x 4x x x x 2x x 1x 17x 7x 14.71 53△
6 32 天王寺 31x x 5x 4x x x 1x x 14.69 25▼
7 39 一宮 35x 1x 2x 1x 6x x 2x 2x 13.59 33▼
8 40 千葉・県立 32x 3x x x x x x x 20x 10x 0.52 13.44 61△
9 41 刈谷 36x 1x 1x 1x 7x x x 2x x 13.33 72△
10 42 仙台第二 31x 1x x x x 10x x 3x 2x 13.24 64△

 2012年は愛知県のワンツー体制が崩れ、旭丘1位、堀川2位となりました。関東勢は浦和5位、千葉8位となっています。

【2013年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 20 旭丘 31x 2x 3x x 4x x x 1x 8x 4x 19.88 16▼
2 22 北野 32x x 6x 6x x x x 1x 1x 0.05 18.68 26△
3 25 岡崎 35x 3x 1x 1x 5x x x 4x 2x 16.75 24▼
4 28 浦和・県立 40x 4x 1x x x 3x x 1x 17x 9x 14.88 31△
5 32 天王寺 35x x 5x 5x x x x x x x 13.83 32
6 36 明和 32x x 2x 1x 7x x x x 3x 1x 0.35 12.84 64△
7 37 西 32x 3x 1x x x x x x 18x 7x 12.72 45△
8 38 堀川・市立 24x x 4x x x x x 1x 1x 12.68 21▼
9 39 刈谷 36x x 1x 1x 9x x x x 3x 1x 12.66 41△
10 41 日比谷 31x 2x x x x 16x 14x 1.82 12.32 46△

 2013年は東海地方、関西地方、関東地方が拮抗した状態になりました。旭丘は1位を続けていますが、2位に北野が浮上し、4に浦和が浮上してきました。都立勢も西7位、日比谷10位です。



【2014年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 17 北野 32x x 7x 6x x x x x 2x 1x 20.82 22△
2 18 旭丘 32x 2x 2x 1x 5x x x 1x 7x 4x 18.89 20△
3 24 岡崎 36x 2x 2x 1x 5x x x x 6x 3x 16.65 25△
4 26 堀川・市立 24x x 4x 1x x x x 1x x 15.84 38△
5 32 一宮 35x 1x 1x x 9x x x x 2x 2x 13.91 45△
6 34 日比谷 32x 3x x x x x 16x 10x 13.48 41△
7 35 仙台第二 31x 1x x x 11x 1x 3x 1x 13.15 42△
8 36 浦和・県立 36x 3x 1x x x 2x x 1x 13x 6x 13.14 28▼
9 41 天王寺 35x x 4x 4x x x x 1x x 12.17 32▼
10 42 西 33x 3x 1x x x x x 14x 9x 12.14 37▼

 2014年になり北野が公立首位に浮上しました。愛知県勢は旭丘2位、岡崎3位、一宮5位です。関東勢では日比谷6位、浦和8位、西10位となっています。


【2015年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 22 北野 31x x 6x 4x x x x x 1x x 17.64 17▼
2 23 岡崎 36x 2x 2x 1x 9x x x x 5x 3x 17.45 24△
3 24 堀川・市立 25x x 5x 2x x x x x 1x x 17.16 26△
4 28 旭丘 31x 1x 2x 1x 4x x x 6x 3x 15.59 18▼
5 29 仙台第二 31x 1x x x x 10x x 3x 2x 14.32 35△
6 31 富山中部 27x 2x x 1x x 1x x x 3x 2x 13.88 58△
7 33 日比谷 31x 3x x x x x 1x 15x 12x 13.59 34△
8 35 天王寺 35x x 5x 5x x x x 1x x 13.34 41△
9 37 一宮 36x 1x 2x x 8x x x x 1x x 12.58 32▼
10 38 西 32x 2x 1x x x x x x 18x 9x 1.80 12.43 42△

 2015年も北野が1位です。岡崎2位、堀川3位、旭丘4の次に仙台第二が5位にきています。富山中部が6位になり、三大都市圏以外が上位に来ています。都立も2校登場しますが、日比谷7位、西10位にとどまりました。

【2016年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 20 日比谷 32x 5x x x x x x x 19x 15x 19.57 33△
2 21 北野 31x x 6x 5x x x x x 1x 1x 18.55 22△
3 24 堀川・市立 24x x 6x 2x x x x 1x x 17.71 24
4 27 岡崎 36x 2x 2x 1x 6x x x x 4x 3x 16.65 23▼
5 30 旭丘 37x 2x 3x 1x 6x x x x 8x 4x 16.19 28▼
6 32 刈谷 36x 1x 1x x 10x x x x 3x x 14.60 44△
7 33 天王寺 36x x 5x 5x x x x x 1x x 14.56 35△
8 35 西 30x 3x 1x x x 1x 15x 10x 13.89 38△
9 37 千葉・県立 32x 3x 1x x 1x x x 14x 6x 13.47 45△
10 38 札幌南 34x 1x 1x x x 1x x 12x 2x x 13.34 55△

 2016年は日比谷が東大50人台を記録し、公立高校で首位になりました。北野は2位で、堀川が3位です。愛知県勢は岡崎4位と後退しました。北海道から札幌南が10位になっています。

【2017年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 12 旭丘 31x 3x 4x 1x 4x x x x 7x 4x 24.34 30△
2 18 北野 35x x 6x 8x x x x 1x x 18.48 21△
3 27 堀川・市立 24x 1x 4x 1x x x 1x x 16.94 24▼
4 29 日比谷 32x 4x x x x x x 13x 11x 15.92 20▼
5 31 札幌南 32x 1x 2x 1x x 1x x 11x 3x x 14.96 38△
6 33 浦和・県立 36x 3x 1x x x 3x x 2x 15x 7x 14.60 67△
7 36 岡崎 39x 2x 2x x 7x x x x 3x 2x 14.07 27▼
8 38 膳所 43x x 6x 5x x x x 1x 2x 1x 0.17 13.29 61△
9 40 修猷館 43x 1x 2x 1x x 13x x 4x 1x 12.04 72△
10 41 小石川 15x 1x x x x x x 5x 1x 11.95 59△

 2017年は旭丘が公立1位に返り咲き、しかも全体12位で10位入りに近づいた年でした。ところが愛知県勢は以前ほどの勢いはなく岡崎が7位です。北野2位と堀川3位に加え、関西から膳所が8位に登場しました。関東では日比谷4位、浦和6位に続き、公立中高一貫校の小石川が10位です。

【2018年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 10 北野 31x x 8x 7x x x x 2x x 24.18 18△
2 25 日比谷 32x 4x x x x 1x 16x 9x 16.57 29△
3 26 天王寺 35x x 6x 6x x x 1x x 16.13 46△
4 28 旭丘 38x 2x 3x x 4x x x 1x 5x 2x 15.91 12▼
5 32 岡崎 39x 2x 2x 1x 7x x x x 3x 2x 15.07 36△
6 33 仙台第二 32x 1x 1x x x 10x x 1x 3x 2x 14.84 79△
7 37 堀川・市立 24x x 4x 1x x x x x x x 13.71 27▼
8 38 修猷館 39x 1x 1x 1x x 12x x 2x 1x 13.33 40△
9 39 姫路西 27x x 3x 3x x x x 1x x 13.28 87△
10 43 岐阜 40x 1x 2x 1x 5x x x 4x 2x 12.13 43

 2018年に、北野が公立としては全国10位に入りました。関西勢では、天王寺が3位で、姫路西が9位に来ています。愛知県勢は旭丘4位、岡崎5位です。関東勢では日比谷が2位のみです。
 ここ9年間で、公立首位を取ったのは、旭丘4回、北野3回、岡崎1回、日比谷1回です。

七帝SK率2018 - 北野が躍進した関西進学校推移

※この記事の作成日は4月15日です。

 七帝SK率のランキング表は2010年以後のものが集計できています。今年は北野が上位10校入りしました。これは公立高校としては初です。あらためて、2010年以後の足取りを見てみます。

【2010年】大阪府4学区制一期生*1

全位 校名 TH SK NSK
1 2 ○灘 21x 10x 3x 2x x x x 3x 4x 58.89
2 4 東大寺 21x 3x 7x 2x x x x x 1x 3x 38.35
3 5 甲陽学院 20x 2x 7x 3x x 2x 3x 35.58
4 11 ◎西大和 30x 2x 8x 2x x x x x 3x 2x 23.85
5 12 ◎白陵 17x 2x 1x 2x x x x 2x 3x 23.17
6 14 ○大阪星光 21x 1x 3x 3x x x x 2x 3x 21.51
7 21 洛星 22x 1x 4x 1x x x 2x 1x 18.31
8 24 △大教池田 16x x 2x 2x x 1x x 16.41
9 25 堀川・市立 24x x 4x 2x x x x x 15.82
10 26 ○六甲 17x x 1x 3x x x x x 2x 1x 15.60
13 41 北野 31x x 4x 4x x x x 1x 1x 0.41 12.78

 2010年は大阪府の9学区制が4学区制になった一期生が卒業した年です。まだ学区細分化の影響が残り大阪府では国立大学付属の大教大池田が上位にいます。公立高校でも京都市立堀川が上位にいます。北野は関西地方でも上位10位圏外です。

【2011年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 21x 9x 4x 2x x x x 2x 2x 59.52 2
2 5 東大寺 21x 4x 6x 1x x x 1x 1x 37.75 4▼
3 7 甲陽学院 20x 2x 6x 2x x x x 1x 33.06 5▼
4 10 ◎西大和 29x 2x 8x 2x x x x x 3x 3x 26.78 11△
5 11 ◎白陵 18x 2x 2x 2x x x x 1x 2x 24.00 12△
6 12 洛星 21x 1x 6x 1x x x x x 2x 2x 23.75 21△
7 14 ○大阪星光 21x 1x 5x 3x x x x x 2x 3x 23.30 14
8 21 △大教池田 16x x 2x 3x x x 2x 1x 16.77 24△
9 25 天王寺 31x x 6x 5x x x 2x x 0.43 16.25 63△
10 27 ◎洛南 51x 2x 8x 3x x x x 4x 4x 15.45 39△
11 30 北野 32x x 5x 4x x x x 2x 1x 0.22 14.49 41△

 2011年は、現浪とも4学区制の卒業生になり、各学区のトップ校が伸びてきました。第三学区の天王寺が関西地方9位、第一学区の北野は関西地方11位です。大教大池田が関西地方で8位です。

【2012年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 1 ○灘 21x 9x 3x 1x x x x 1x 1x 54.75 2△
2 4 東大寺 20x 4x 7x 1x x x x 3x 1x 40.45 5△
3 6 甲陽学院 19x 2x 6x 3x x x 2x 2x 35.92 7△
4 10 ○大阪星光 21x 1x 5x 3x x x x 3x 4x 27.03 14△
5 14 ◎白陵 19x 2x 1x 1x x x x x 2x 1x 20.40 11▼
6 15 洛星 20x 1x 5x 1x x x x x 1x x 20.20 12▼
7 17 ◎西大和 33x 1x 6x 3x x x x 3x 1x 18.41 10▼
8 21 堀川・市立 24x x 6x 2x x x x x 17.62 34△
9 22 △大教池田 16x x 2x 2x x x 1x x 17.59 21▼
10 26 北野 31x x 5x 5x x x 2x x 0.10 15.96 30△

 2012年は、北野が関西地方10位に入りました。上位には京都市立堀川と大教大池田がいます。

【2013年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 22x 10x 4x 1x x x x x 2x 1x 58.72 1▼
2 5 東大寺 22x 2x 7x 1x x x x 2x 1x 29.87 4▼
3 10 甲陽学院 20x 1x 5x 2x x x x x x 1x 23.72 6▼
4 11 ○大阪星光 21x 1x 5x 1x x x x 1x 2x 23.31 10▼
5 12 ◎西大和 34x 2x 8x 2x x x x x 3x 2x 22.92 17△
6 15 ◎白陵 17x 1x 2x 2x x x x x 2x 1x 21.57 14▼
7 19 洛星 20x 1x 5x 1x x x x x 1x 1x 20.63 15▼
8 22 北野 32x x 6x 6x x x x 1x 1x 0.05 18.68 26△
9 27 ○六甲 17x x 2x 2x x x x 1x 1x 1x 14.96 28△
10 30 ◎洛南 50x 1x 8x 3x x x x x 3x 2x 14.54 35△

 2013年になり北野が関西地方の公立高校としてトップに立ちました。私立も含めて8位です。

【2014年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 22x 10x 3x 1x x x x x 3x 1x 56.36 2
2 7 東大寺 21x 3x 5x 1x x x x x 1x 1x 31.48 5▼
3 10 甲陽学院 20x 2x 5x 2x x x 2x 2x 30.21 10
4 11 ○大阪星光 20x 2x 5x 1x x x x 3x 2x 27.63 11
5 14 ◎西大和 29x 2x 7x 1x x x x 2x 1x 22.35 12▼
6 15 洛星 21x 1x 6x 1x x x x x 1x 1x 22.24 19△
7 17 北野 32x x 7x 6x x x x x 2x 1x 20.82 22△
8 22 ◎白陵 18x 1x 2x 2x x x x 2x 2x 18.15 15▼
9 23 ◎洛南 46x 2x 7x 4x x x x 3x 1x 16.66 30△
10 26 堀川・市立 24x x 4x 1x x x x 1x x 15.84 38△

 2014年も北野は順位をひとつ上げ関西地方7位です。

【2015年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 21x 9x 3x 1x x x x x 3x 1x 53.68 2
2 5 甲陽学院 19x 2x 6x 2x x x x x 1x 3x 37.30 10△
3 8 東大寺 21x 3x 7x 1x x 2x 2x 33.77 7▼
4 11 ◎西大和 32x 2x 8x 3x x x x x 4x 3x 25.45 14△
5 12 ○大阪星光 20x 1x 5x 2x x x 2x 1x 25.36 11▼
6 15 洛星 22x 1x 5x 2x x x x x 2x 3x 21.86 15
7 16 ◎白陵 18x 2x 1x 3x x x x x 2x 1x 21.65 22△
8 22 北野 31x x 6x 4x x x x x 1x x 17.64 17▼
9 24 堀川・市立 25x x 5x 2x x x x x 1x x 17.16 26△
10 32 ◎洛南 48x 2x 6x 3x x x x 1x 2x 2x 13.75 23▼

 2015年、北野は順位をひとつ下げましたが、4年連続上位10校に入り、上位10校の常連になっています。

【2016年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 21x 9x 4x 1x x x x 4x 3x 56.87 2
2 5 東大寺 21x 3x 6x 1x x x x x 2x 2x 34.96 8△
3 8 甲陽学院 20x 2x 5x 2x x x x x 1x x 32.38 5▼
4 9 ○大阪星光 19x 1x 5x 2x x x x x 3x 2x 26.93 12△
5 14 ◎西大和 30x 3x 4x 3x x x x x 1x 1x 23.65 11▼
6 19 洛星 22x x 5x 2x x x x 2x 2x 0.28 20.08 15▼
7 21 北野 31x x 6x 5x x x x x 1x 1x 18.55 22△
8 23 ◎白陵 17x 1x 1x 1x x x x x 2x 1x 18.17 16▼
9 24 堀川・市立 24x x 6x 2x x x x 1x x 17.71 24
10 26 △大教池田 16x x 2x 3x x x x x 1x x 0.49 16.69 47△

 2016年、北野は順位をひとつ上げ、一昨年の7位に復活しました。

【2017年】大阪府学区撤廃一期生

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 22x 9x 3x 1x x x x x 2x 2x 54.30 2
2 5 甲陽学院 21x 3x 5x 2x x x x 1x 2x 34.56 8△
3 7 東大寺 21x 2x 6x 1x x x x 2x 2x 29.78 5▼
4 16 ◎西大和 30x 3x 4x 2x x x x 3x 2x 20.37 14▼
5 18 北野 35x x 6x 8x x x x 1x x 18.48 21△
6 19 洛星 21x 1x 4x 1x x x 1x 2x 1x 18.41 19
7 21 ○大阪星光 18x 1x 3x 2x x x x x 1x 1x 18.19 9▼
8 23 ◎白陵 17x 1x 2x 1x x x x 2x 1x 17.95 23
9 27 堀川・市立 24x 1x 4x 1x x x 1x x 16.94 24▼
10 30 ○六甲 16x x 2x 2x x x x x x 1x 15.55 29▼

 2017年は、学区撤廃一期生です。関西地方で5位になり、また大阪府で大阪星光を押さえトップになりました。

【2018年】

全位 校名 TH SK NSK 前位
1 2 ○灘 21x 9x 4x 1x x x 2x 3x 53.76 2
2 8 甲陽学院 19x 2x 4x 2x x x x x 1x 2x 29.72 5▼
3 9 東大寺 21x 1x 5x 2x x x x 1x 2x 26.39 7▼
4 10 北野 31x x 8x 7x x x x 2x x 24.18 18△
5 13 ○大阪星光 19x 1x 4x 1x x x x 1x 1x 22.28 21△
6 14 ◎西大和 31x 3x 5x 2x x x x x 3x 2x 21.50 16△
7 21 ◎白陵 18x 1x 1x 1x x x x x 1x 1x 17.35 23△
8 22 洛星 21x 1x 4x 1x x x x 1x 1x 17.12 19▼
9 23 ○六甲 15x x 1x 2x x x x 1x 1x 16.94 30△
10 26 天王寺 35x x 6x 6x x x 1x x 16.13 46△

 2018年は、現浪とも学区撤廃後の卒業生になり、関西地方で4位、そして、公立高校で全国10位以内に入りました。 2010年から2018年まで関西地方上位10校を北野高校をを中心に紹介しましたが、一年一年の比較ではなかなか躍進を感じられないものです。ただ数年を経過してみると確実に躍進していることがわかります。

七帝SK率2018 - 地方別登場校比率

※この記事の作成日は4月15日です。

 七帝SK率2018*1を公開しました。若干の細かな修正は今後もはいりますが、大枠の情報は固まりました。七帝SK率はブレンド指標です。ブレンド指標は下記の条件を考慮する必要があります。

  • 対象大学:指標に使用する大学が適切に選ばれているか?
  • 加重係数:対象大学間で加重係数が適切な値をとっているか?
  • 人口比率: 順位表に登場する学校の地域分布が地域の人口比に一致しているか?

 さて、進学校ランキングでもっとも単純な例が、東大合格者数か東大合格者率で、「対象大学は東大のみ、加重係数は一校のため不要」です。確かに医学部志望でないかぎり、東大合格可能圏にありながら、東大に行かないのは、関西の京大志望者ぐらいのもので、ほかの地方では、地元旧帝大が自宅の前にあろうが、東大合格圏であれば、東大に行くでしょう。東大合格者数ランキングでは関西の高校が評価が低くなりますが、それ以外の地方と首都圏を対象にした場合はおおむね高校の実力とあっています。
 ただ、比較するにも下限というものがあり、東大20人の高校と東大10人に高校とでは、前者のほうが最上位層が厚いといえても、東大2人の高校と東大1人の高校を比べても、たまたま前者に優秀な生徒が2人いたということになります。となると、東大合格者数で比較できるのは東大二桁合格校で、高々70校程度になります。かといって、東大以外で全国の指標になる単一の大学はありません。
 そこで、複数大学を対象にしたブレンド指標が登場します。大学合格発表の集計が一段落した4月以後に各週刊誌が『真の進学校はここだ』という特集を組みます。これには、ある特定の一校が37年間東大合格者数首位を続けていて、上位10校の顔ぶれも変化がなく、東大合格者数だけでは順位表に新鮮味がないいとう事情もあります。
 4月10日発売の週刊朝日に『難関大に強い高校』の特集があり、上位50校が紹介されていました。順位表の詳細は週刊誌を購入して読んでください。難関大とは、旧七帝大に一橋大と東工大と神戸大を加えたものです。加重比率は1であり、単純に合格者数を合計して卒業生で割っています。
 まず、『難関大に強い高校』で登場校の地域別比率と人口比を比較します。

実数 北海道 東北 関東 北陸甲信 東海 関西 中国四国 九州
国勢人口比 12808万人 4.30% 7.29% 33.27% 6.60% 11.80% 16.33% 9.02% 11.40%
難関大10校 50校 8.00% 2.00% 24.00% 4.00% 14.00% 34.00% 4.00% 10.00%

 関西は、京大+阪大+神戸大で1万人近くの募集があるのに対して、関東は、東大+一橋+東工大で5000人程度しか募集はありません。中国四国は広島大学を加えない時点で不利になるのは確かですし、東北はたまたま東北大学に大量合格する進学校が地元にないという事情があります。逆に北海道と九州はそれぞれ北大と九大に三桁合格をする高校が複数あります。対象大学だけで地域の偏りがありますし、加重係数がないと難易度の低い大学に大量合格をしている地方の高校比率が高くなります。
 次に、七帝SK率(NSK)で登場校の比率と人口比を比較します。

実数 北海道 東北 関東 北陸甲信 東海 関西 中国四国 九州
国勢人口比 12808万人 4.30% 7.29% 33.27% 6.60% 11.80% 16.33% 9.02% 11.40%
NSK10%以上 57校 3.51% 1.75% 42.11% 3.51% 12.28% 28.01% 3.51% 5.26%
NSK5%以上 158校 2.35% 3.16% 38.61% 5.70% 12.03% 20.25% 7.59% 10.13%
NSK3%以上 256校 2.33% 5.04% 36.82% 6.59% 11.63% 19.77% 8.53% 9.30%

 NSK10%以上では最上位校の比較になり関東と関西が卓越していますが、NSK3%まで対象を広げるとおおむね地方別の人口比に近くなってきます。

七帝SK率ランキング2018

※この記事の作成日は4月9日です。

七帝SK率 5%以上の該当校を紹介します。

  • 下一桁は[x]でマスク、NSK:七帝SK率、前位:前年順位、△:上昇、▼:下降

校名 TH SK NSK 前位
1 △筑波駒場 16x 10x x x x 8x 5x 68.23 1
2 ○灘 21x 9x 4x 1x x x 2x 3x 53.76 2
3 栄光学園 17x 7x x x x x 10x 8x 46.60 4△
4 ○開成 39x 17x x x x x 23x 16x 45.44 3▼
5 ○麻布 30x 9x 1x x x x x x 11x 5x 35.18 8△
6 桜蔭 23x 7x x x x x 12x 8x 33.95 9△
7 聖光学院 23x 7x x x x x x x 16x 11x 32.55 6▼
8 甲陽学院 19x 2x 4x 2x x x x x 1x 2x 29.72 5▼
9 東大寺 21x 1x 5x 2x x x x 1x 2x 26.39 7▼
10 北野 31x x 8x 7x x x x 2x x 24.18 18△
校名 TH SK NSK 前位
11 ○ラサール 鹿 22x 4x 1x x x x 1x x 3x 2x 23.81 14△
12 駒場東邦 23x 4x 1x x x x 9x 9x 23.34 10▼
13 ○大阪星光 19x 1x 4x 1x x x x 1x 1x 22.28 21△
14 ◎西大和 31x 3x 5x 2x x x x x 3x 2x 21.50 16△
15 ◎久大附設 19x 2x 1x 1x x 4x x 1x 1x 21.14 13▼
16 ○武蔵 16x 2x 1x x x x 5x 4x 19.62 17△
17 △筑波大附 23x 3x x x x x x x 11x 7x 18.56 20△
18 ○海城 32x 4x 1x x x 1x x x 15x 10x 18.41 24△
19 ○浅野 25x 4x x x x x x 10x 12x 17.95 35△
20 ●女子学院 22x 3x 1x x x x 14x 8x 17.51 22△
校名 TH SK NSK 前位
21 ◎白陵 18x 1x 1x 1x x x x x 1x 1x 17.35 23△
22 洛星 21x 1x 4x 1x x x x 1x 1x 17.12 19▼
23 ○六甲 15x x 1x 2x x x x 1x 1x 16.94 30△
24 △学芸大附 33x 4x x x x x x x 15x 7x 16.81 26△
25 日比谷 32x 4x x x x 1x 16x 9x 16.57 29△
26 天王寺 35x x 6x 6x x x 1x x 16.13 46△
27 ○東海 42x 3x 3x x 5x x x x 7x 5x 16.04 28△
28 旭丘 38x 2x 3x x 4x x x 1x 5x 2x 15.91 12▼
29 ○北嶺 12x 1x x x x x 2x x x 15.68 39△
30 ◎洛南 46x 2x 7x 3x x x x x 3x 3x 15.27 32△
校名 TH SK NSK 前位
31 渋谷幕張 37x 4x 1x x x x 14x 10x 15.25 11▼
32 岡崎 39x 2x 2x 1x 7x x x x 3x 2x 15.07 36△
33 仙台第二 32x 1x 1x x x 10x x 1x 3x 2x 14.84 79△
34 ○海陽 10x 1x x x x x x 1x 1x 14.79 98△
35 ◎渋谷渋谷 20x 2x x x x x 5x 6x 14.12 37△
36 ○早稲田 29x 3x x x x x x 25x 7x 13.74 47△
37 堀川・市立 24x x 4x 1x x x x x x x 13.71 27▼
38 修猷館 39x 1x 1x 1x x 12x x 2x 1x 13.33 40△
39 姫路西 27x x 3x 3x x x x 1x x 13.28 87△
40 △広大福山 20x 1x 1x 1x 1x 2x 1x 13.27 25▼
校名 TH SK NSK 前位
41 △金沢大附 11x x x x x x x x 1x x 12.74 49△
42 広島学院 18x 1x 1x 1x x x x 2x 1x 12.62 15▼
43 岐阜 40x 1x 2x 1x 5x x x 4x 2x 12.13 43
44 膳所 42x x 6x 4x x x x x 2x x 11.99 38▼
45 国立・都立 32x 2x 1x x x x x 14x 5x 11.35 102△
46 ●慶応女子 20x x 20x 11.14 11.14 55△
47 浦和・県立 36x 2x 1x x x 3x x 1x 12x 7x 0.18 11.14 33▼
48 ◎慶応SF 23x x 23x 11.13 11.13 53△
49 慶応義塾 69x 69x 11.11 11.11 52△
50 札幌南 31x x x 1x x 1x x 10x 2x 1x 11.10 31▼
校名 TH SK NSK 前位
51 長田 31x x 2x 4x x x x 1x x 11.02 42▼
52 慶應志木 27x 27x 10.99 10.99 50▼
53 湘南 36x 2x x x x x x 1x 19x 9x 1.40 10.75 113△
54 金沢泉丘 48x 2x 2x 2x 1x 1x x 1x 2x 1x 10.74 78△
55 明和 38x x 2x x 6x x x 1x 2x 1x 10.61 57△
56 奈良 40x x 3x 5x x x x x 10.19 64△
57 刈谷 39x x 1x 1x 7x x 1x 1x 1x 10.03 66△
58 時習館 31x x 1x 1x 5x x x x 2x x 9.95 90△
59 西 31x 1x 1x x x x x 1x 10x 6x 0.14 9.77 44▼
60 智弁和歌 25x x 2x 1x x x x x 9.73 83△
校名 TH SK NSK 前位
61 △広島大附 20x 1x x 1x x x x x 2x x 9.59 81△
62 富山中部 27x 1x x x x 1x x 2x 1x 9.46 69△
63 ●フェリス 18x 1x x x x x 7x 5x 0.78 9.45 54▼
64 清風南海 34x x 3x 2x x x x x 1x x 9.45 51▼
65 西京 28x x 3x 2x x x x x 1x x 0.08 9.39 61▼
66 攻玉社 24x 1x x x x x 10x 9x 3.12 9.38 58▼
67 熊本 40x 1x 1x 2x x 5x x 2x 1x 9.36 59▼
68 小石川 15x 1x x x x x 5x 4x 9.32 41▼
69 三国丘 32x x 2x 4x x x x x x 0.10 9.02 100△
70 神戸 35x x 2x 3x x x x x 1x x 8.94 67▼
校名 TH SK NSK 前位
71 千葉・県立 31x 2x x x x 12x 6x 8.93 82△
72 桐朋 31x 1x x x x 1x 1x 11x 7x 1.90 8.81 123△
73 土浦第一 32x 1x 1x x x 1x x 7x 3x 8.79 65▼
74 ◎愛光 23x 1x x x x x 1x x 2x 1x 8.77 34▼
75 一宮 41x x 1x x 7x x x 1x x 8.71 71▼
76 宇都宮 35x 1x x x x 3x x 1x 4x 4x 8.63 92△
77 札幌北 31x x x x x x x 11x 1x x 8.58 72▼
78 ●雙葉 17x 1x x x x 5x 4x 8.55 80△
79 ○芝 28x 1x x x x x x 1x 8x 8x 2.55 8.51 88△
80 大分上野丘 31x 1x 1x 1x x 3x x 1x x 8.46 85△
校名 TH SK NSK 前位
81 サレジオ 18x x x x x x 6x 5x 1.77 8.35 84△
82 四日市 35x 1x 1x x 2x x x x 1x 1x 8.26 48▼
83 筑紫丘 43x x 1x 1x x x 10x x 1x 8.10 74▼
84 ●豊島岡 34x 2x x x x x x x 9x 9x 0.47 8.08 86△
85 横浜翠嵐 41x 1x 1x x x 1x x 1x 10x 8x 1.49 7.93 56▼
86 静岡 33x 1x 1x x 1x 1x x x 3x 2x 7.82 125△
87 秋田 26x 1x x x 2x x x x 7.76 132△
88 高岡 27x x x 1x x 1x x 1x 1x 7.71 104△
89 ◎精道三川 1x x 7.69 141△
90 大手前 38x 2x 4x x x x x x x 0.06 7.56 109△
校名 TH SK NSK 前位
91 岡山白陵 20x x x x x x x x 1x 1x 7.53 187△
92 広島 23x x x 1x x 1x x 1x x 7.46 164△
93 ○城北 35x 1x x x x x 12x 9x 2.72 7.45 94△
94 ◎高槻 26x x 1x 2x x x x x 2x x 0.34 7.39 62▼
95 長野 29x 1x x x x 2x x x 2x x 7.36 91▼
96 福岡 40x x x 1x x 9x x 1x x 7.30 93▼
97 武蔵・都立 19x 1x x x x 3x 2x 7.25 191△
98 相模原中教 15x x x x x x x 4x 1x 7.22 150△
99 ◎公文国際 17x x x x x x 5x 4x 2.48 7.18 121△
100 ○本郷 30x 1x x x x x 11x 6x 0.70 7.12 95▼
校名 TH SK NSK 前位
101 浜松北 42x 1x 2x 1x 1x x x x 4x 2x 7.12 70▼
102 戸山 32x 1x x x x x x 1x 11x 5x 1.65 7.02 167△
103 ○桐蔭中教 16x x x x x x x 3x 3x 0.17 6.96 76▼
104 船橋・県立 36x 1x x x x 1x x x 10x 4x 0.32 6.94 156△
105 仙台第一 32x x x x 6x 1x 1x x 6.88 97▼
106 △名大附属 11x x x x 1x x x x x 6.88 195△
107 向陽 35x x x x 6x x x 1x x 6.78 177△
108 鶴丸 鹿 30x x x x x x 4x x 1x x 6.77 77▼
109 盛岡第一 28x x x x 4x x 1x x 6.72 103▼
110 高松 35x x 1x 2x x x x x 2x x 6.72 108▼
校名 TH SK NSK 前位
111 札幌西 31x x x 1x x 1x 6x 1x x 6.69 89▼
112 ●頌栄女子 21x x x x x 9x 6x 5.25 6.68 106▼
113 ●神戸海星 14x x x 1x x x x x 6.67 193△
114 ○修道 28x x x 1x x x 2x x 2x 1x 6.64 126△
115 ◎市川 41x 1x x x x x x x 11x 7x 0.57 6.61 112▼
116 △大教天王 15x x x 1x x x 6.60 117△
117 東筑 31x x x x x 7x x x 6.59 166△
118 新潟 36x 1x x x x 2x x 1x 3x 2x 6.58 192△
119 岡山朝日 34x 1x 1x 1x x x 1x x 2x 1x 6.58 75▼
120 尾道 19x x x x x x 3x x x 6.52 335△
校名 TH SK NSK 前位
121 ○暁星 16x x x x 4x 3x 0.61 6.49 129△
122 洗足学園 23x x x x x x x 6x 5x 2.24 6.47 115▼
123 嵯峨野 32x 2x 1x x x x x x 0.15 6.46 140△
124 ●横浜共立 17x x x x 7x 5x 4.75 6.45 153△
125 ●鴎友女子 22x x x x x x x 5x 5x 2.17 6.44 143△
126 ◎青雲 21x x x x 2x x x x 6.43 130△
127 前橋 31x 1x x x x 1x x 4x 1x 6.42 114▼
128 藤島 33x x 1x 1x 1x x x x 1x 1x 6.40 101▼
129 加古川 35x x 2x 2x x x x x x 6.37 181△
130 楠隼 鹿 3x x 6.25 -△
校名 TH SK NSK 前位
131 ●白百合 17x x x x x x 3x 3x 6.24 138△
132 逗子開成 26x x x x x x x 6x 5x 1.93 6.24 119▼
133 巣鴨 23x 1x x x x x 4x 4x 0.05 6.20 133
134 沼津東 28x x x x x 1x x 1x 2x 1x 0.04 6.20 149△
135 半田 31x x x x 5x x x x x x 6.06 145△
136 茨木 36x x 1x 3x x x x x 1x 1x 0.38 6.04 63▼
137 ◎滝 38x x x x 2x x x 1x 1x 5.90 105▼
138 菊里 35x x x x 5x x x 1x 1x 0.52 5.88 155△
139 奈良学園 18x 1x 1x x x x 0.28 5.70 111▼
140 長崎西 27x x x x 3x x x x 5.69 120▼
校名 TH SK NSK 前位
141 岡山大安寺 15x x x 1x x x x x x 0.04 5.67 60▼
142 昭和秀英 30x x x x x x 8x 7x 2.79 5.66 198△
143 早実 42x x 42x 5.56 5.60 146△
144 早大高等 48x 48x x 5.56 5.56 147△
145 早大本庄 34x 33x 5.54 5.54 148△
146 小倉 31x x x x x x 5x x x x 5.51 128▼
147 富山 27x x x 1x x x x x x x 5.44 99▼
148 大阪桐蔭 75x x 5x 3x x x x x x x 0.03 5.42 232△
149 須磨学園 38x x 1x 1x x x x 1x 1x x 0.01 5.41 189△
150 山形東 24x x x x x 4x x x x x 5.41 96▼
校名 TH SK NSK 前位
151 ◎栄東 44x 1x x x 1x x x 13x 5x 1.10 5.37 160△
152 35x x 1x 1x 1x x x 1x x 5.31 127▼
153 ○世田谷学 21x x x x x x 5x 4x 2.07 5.29 131▼
154 ◎片山学園 9x x x x x x x x x x 5.19 270△
155 基町 35x x x 1x x x 2x x x x 5.11 144▼
156 彦根東 31x x 1x 1x x x x x x x 5.07 184△
157 早大佐賀 18x x x x x x 11x x 2.63 5.02 159△
158 明善 33x x x 1x x x 4x x x x 5.00 165△


更新履歴

  • 2018/04/09: 慶大附属校、早大附属校は暫定値

東大SK率ランキング2018

※この記事の作成日は4月9日です。

現浪込みで 1.5%以上の該当校を紹介します。

  • [種]の欄、国:国立、公:高校募集のみの公立、中:公立中高一貫校、高:高校募集のみの私立、空欄は私立中高一貫校、○印は男子校、●印は女子校、◎印は共学校
  • SK:SK率、TSK:東大SK率、前率:前年のTSK
  • 前位:前年順位、△:上昇、▼:下降、下一桁は[x]でマスク

校名 SK TSK 前率 前位 増率
1 筑波大附駒場 16x 10x 8x 5x 67.28 63.75 1 5.5
2 栄光学園 17x 7x 10x 8x 44.51 34.64 3△ 28.5
3 開成 39x 17x 23x 16x 43.97 40.45 2▼ 8.7
4 桜蔭 23x 7x 12x 8x 32.90 26.92 5△ 22.2
5 麻布 30x 9x 11x 5x 32.24 26.42 6△ 22.0
6 聖光学院 23x 7x 16x 11x 31.17 30.80 4▼ 1.2
7 駒場東邦 23x 4x 9x 9x 20.17 22.51 7 -10.4
8 筑波大附 23x 3x 11x 7x 16.45 15.48 12△ 6.3
9 浅野 25x 4x 10x 12x 16.22 11.94 16△ 35.8
10 武蔵 16x 2x 5x 4x 16.07 18.93 9▼ -15.1
校名 SK TSK 前率 前位 増率
11 海城 32x 4x 15x 10x 15.00 15.56 11 -3.6
12 日比谷 32x 4x 16x 9x 14.77 14.02 13△ 5.4
13 女子学院 22x 3x 14x 8x 14.73 16.67 10▼ -11.6
14 学芸大附 33x 4x 15x 7x 14.67 13.94 14 5.2
15 渋谷幕張 千◎ 37x 4x 14x 10x 12.77 22.10 8▼ -42.2
16 早稲田 29x 3x 25x 7x 12.75 9.93 21△ 28.5
17 渋谷渋谷 20x 2x 5x 6x 12.25 12.20 15▼ 0.5
18 慶応義塾女子 20x x 20x 11.14 11.14 10.71 20△ 4.0
19 慶応湘南藤沢 23x x 23x 11.13 11.13 10.83 19 2.8
20 慶応義塾 69x 69x 11.11 11.11 10.92 18▼ 1.8
校名 SK TSK 前率 前位 増率
21 慶應志木 埼○ 27x 27x 10.99 10.99 11.03 17▼ -0.4
22 攻玉社 24x 1x 10x 9x 3.12 8.49 9.04 23△ -6.1
23 湘南 36x 2x 19x 9x 1.40 8.35 4.99 49△ 67.4
24 国立・都立 32x 2x 14x 5x 8.10 5.39 45△ 50.3
25 フェリス 18x 1x 7x 5x 0.78 7.81 8.74 25 -10.7
26 小石川 15x 1x 5x 4x 7.74 9.09 22▼ -14.8
27 雙葉 17x 1x 5x 4x 7.39 7.87 28△ -6.1
28 千葉・県立 千◎ 31x 2x 12x 6x 6.92 6.44 35△ 7.5
29 武蔵・都立 19x 1x 3x 2x 6.74 3.13 72△ 115.5
30 サレジオ学院 18x x 6x 5x 1.77 6.72 5.81 39△ 15.7
校名 SK TSK 前率 前位 増率
31 豊島岡女 34x 2x 9x 9x 0.47 6.54 6.53 33△ 0.0
32 28x 1x 8x 8x 2.55 6.44 6.95 31▼ -7.3
33 本郷 30x 1x 11x 6x 0.70 6.31 6.08 36△ 3.7
34 頌栄女子学院 21x x 9x 6x 5.25 6.17 6.93 32▼ -11.0
35 浦和・県立 埼○ 36x 2x 12x 7x 0.18 6.16 8.84 24▼ -30.3
36 暁星 16x x 4x 3x 0.61 6.10 5.56 40△ 9.8
37 西 31x 1x 10x 6x 0.14 6.10 8.23 26▼ -26.0
38 城北 35x 1x 12x 9x 2.72 6.07 5.87 38 3.4
39 桐朋 31x 1x 11x 7x 1.90 6.05 4.49 56△ 34.7
40 公文国際学園 17x x 5x 4x 2.48 6.01 5.56 40 8.2
校名 SK TSK 前率 前位 増率
41 横浜共立学園 17x x 7x 5x 4.75 5.91 4.67 53△ 26.6
42 相模原中教 15x x 4x 1x 5.84 4.31 59△ 35.6
43 桐蔭学園中教 16x x 3x 3x 0.17 5.73 7.74 29▼ -26.0
44 早稲田実業 42x 42x 5.56 5.56 5.41 44 2.7
45 早大高等学院 48x 48x x 5.56 5.56 5.51 42▼ 0.9
46 早稲田本庄 埼◎ 34x 33x 5.54 5.54 5.51 43▼ 0.6
47 白百合学園 17x x 3x 3x 5.26 5.23 46▼ 0.6
48 洗足学園 23x x 6x 5x 2.24 5.18 6.50 34▼ -20.3
49 戸山 32x 1x 11x 5x 1.65 5.06 3.31 66△ 52.6
50 市川 千◎ 41x 1x 11x 7x 0.57 4.94 5.15 48▼ -4.1
校名 SK TSK 前率 前位 増率
51 鴎友学園女子 22x x 5x 5x 2.17 4.90 5.21 47▼ -6.0
52 昭和学院秀英 千◎ 30x x 8x 7x 2.79 4.77 3.26 68△ 46.3
53 巣鴨 23x 1x 4x 4x 0.05 4.69 4.63 54△ 1.2
54 土浦第一 茨◎ 32x 1x 7x 3x 4.63 6.02 37▼ -23.1
55 横浜翠嵐 41x 1x 10x 8x 1.49 4.60 7.87 27▼ -41.6
56 逗子開成 26x x 6x 5x 1.93 4.54 4.70 52▼ -3.5
57 世田谷学園 21x x 5x 4x 2.07 4.43 4.81 51▼ -7.8
58 栄東 埼◎ 44x 1x 13x 5x 1.10 4.24 4.38 58 -3.2
59 船橋・県立 千◎ 36x 1x 10x 4x 0.32 4.18 2.55 83△ 63.7
60 帝京大学 19x x 5x 2x 0.82 3.86 2.64 80△ 46.3
校名 SK TSK 前率 前位 増率
61 南多摩 15x x 5x x 0.44 3.73 3.35 65△ 11.3
62 桜修館 15x x 3x 1x 0.29 3.58 2.76 77△ 29.8
63 青山 32x x 6x 4x 1.19 3.37 3.21 71△ 5.3
64 横浜雙葉 17x x 3x 2x 0.44 3.28 3.62 60▼ -9.4
65 開智 埼◎ 58x 1x 11x 5x 0.07 3.13 3.40 63▼ -7.9
66 田園調布雙葉 10x x 1x 2x 2.12 3.07 2.55 84△ 20.2
67 学芸大附国際 13x x 1x 1x 2.99 4.52 55▼ -33.9
68 晃華学園 14x x 2x 1x 0.12 2.96 1.67 112△ 76.9
69 吉祥女子 26x x 5x 3x 1.73 2.87 3.52 61▼ -18.4
70 立川国際 14x x 2x 1x 0.19 2.87 1.99 101△ 44.1
校名 SK TSK 前率 前位 増率
71 浦和明の星 埼● 17x 3x 2x 2.83 2.83 2.68 78△ 5.4
72 両国 18x x 4x 1x 1.18 2.78 2.57 82△ 8.1
73 お茶水大附 11x x 1x 1x 0.19 2.71 7.69 30▼ -64.8
74 川和 32x x 7x 3x 2.07 2.69 1.84 106△ 46.6
75 白鴎 22x x 4x 1x 2.62 1.00 -△ 162.3
76 横浜緑ヶ丘 27x x 7x 2x 2.25 2.62 1.98 102△ 31.8
77 神奈川大付 20x x 3x 2x 1.61 2.61 2.63 81△ -0.8
78 鎌倉学園 34x x 7x 3x 1.72 2.59 2.03 100△ 27.7
79 三鷹 14x x 2x 1x 1.23 2.57 2.52 85△ 2.0
80 大宮 埼◎ 39x x 7x 3x 1.30 2.57 3.02 74▼ -15.0
校名 SK TSK 前率 前位 増率
81 南・市立 19x x 2x x 2.54 0.74 -△ 242.6
82 東葛 千◎ 34x x 7x 3x 1.61 2.47 3.46 62▼ -28.6
83 広尾学園 26x x 4x 3x 1.99 2.37 3.35 64▼ -29.2
84 東邦大付東邦 千◎ 35x x 6x 2x 0.68 2.36 2.50 86△ -5.6
85 新宿 31x x 6x 2x 1.72 2.36 2.17 98△ 8.7
86 國學院久我山 46x x 7x 4x 1.47 2.32 2.89 75▼ -19.6
87 厚木 35x x 4x 3x 0.87 2.28 1.75 110△ 30.1
88 湘南白百合 16x x 1x 1x 0.88 2.10 2.84 76▼ -26.1
89 東京都市大 27x x 4x 2x 1.72 2.08 2.65 79▼ -21.6
90 穎明館 19x 4x 1x 2.08 2.08 1.98 103△ 5.1
校名 SK TSK 前率 前位 増率
91 田園調布学園 19x x 3x 1x 1.55 2.06 1.54 117△ 33.3
92 柏陽 31x 5x 3x 2.06 2.06 3.27 67▼ -37.2
93 平塚中教 15x x 2x 1x 1.41 2.06 2.31 90▼ -11.0
94 佐倉 千◎ 32x x 5x 3x 1.74 2.05 1.16 131△ 76.8
95 九段中教 14x 1x 1x 2.02 2.02 2.31 91▼ -12.3
96 水戸第一 茨◎ 32x x 4x 1x 0.10 1.98 4.95 50▼ -60.0
97 都市大等々力 17x x 3x 1x 1.36 1.93 0.35 -△ 443.0
98 学習院高等科 19x x 2x 2x 1.38 1.89 1.12 134△ 68.4
99 江戸川取手 茨◎ 41x x 3x 3x 0.19 1.88 1.88 105△ -0.2
100 横浜SF 23x x 2x 2x 1.00 1.85 1.45 120△ 27.3
校名 SK TSK 前率 前位 増率
101 春日部 埼○ 36x x 4x 1x 0.18 1.83 1.43 121△ 27.7
102 桐光学園 58x x 6x 4x 0.78 1.80 2.22 95▼ -18.9
103 国分寺 31x x 6x 1x 1.46 1.78 1.07 139△ 66.1
104 宝仙学園 17x 2x 1x 1.77 1.77 0.98 -△ 79.8
105 立川 31x x 4x 1x 0.74 1.70 2.44 87▼ -30.4
106 川越 埼○ 39x x 6x 2x 1.39 1.64 1.92 104▼ -14.6
107 多摩 27x x 5x x 1.25 1.62 1.78 107 -9.5
108 神奈川総合 24x x 3x 1x 0.76 1.59 0.73 -△ 117.7
109 山手学院 50x x 6x 3x 1.17 1.57 2.17 97▼ -28.0
110 開智未来 埼◎ 14x x 2x x 0.19 1.54 0.90 -△ 70.6
校名 SK TSK 前率 前位 増率
111 光塩女子学院 13x x x x 0.04 1.53 3.25 69▼ -52.8
112 浦和第一女子 埼● 36x x 4x 1x 0.43 1.53 1.18 130△ 29.9

更新履歴

  • 2018/04/09 慶大附属校、早大附属校は暫定値

東大合格発表2018 - 合格者数上位10校入りした日比谷と公立高校の年表

※この記事の作成日は4月1日です。

【国私と公立上位2校】(同順の場合は前年の上位を掲載)

国私首位 国私二位 公立首位 公立二位 注記
1967 3 灘(112) 7 麻布(75) 1 日比谷(134) 2 西(120) 学区合同選抜
1968 1 灘(132) 5 教育駒場(91) 2 日比谷(131) 3 西(102)
1969 東大入試中止
国私首位 国私二位 公立首位 公立二位 注記
1970 1 灘(151)  2 教育駒場(136) 4 西(100) 5 日比谷(99) 学校群
1971 1 灘(124) 1 教育大附(124) 5 西(81) 8 湘南(70)
1972 1 灘(115) 2 教育大附(97) 5 戸山(81) 6 西(80)
1973 1 教育駒場(134) 2 灘(128) 6 西(81) 8 湘南(78)
1974 1 灘(120) 2 教育駒場(115) 8 湘南(66) 9 浦和(60)
1975 1 灘(126) 2 教育駒場(123) 8 湘南(60) 10 浦和(55)
1976 1 灘(118) 2 教育駒場(113) 9 浦和(59) 11 戸山(56)
1977 1 開成(124) 2 麻布(108) 7 湘南(67) 10 西(52) 都立最後のベスト10
1978 1 灘(129) 2 教育駒場(123) 8 湘南(77) 11 西(57)
1979 1 開成(121) 2 灘(114) 9 湘南(60) 10 浦和(59)
1980 1 灘(131) 2 開成(130) 9 湘南(67) 10 浦和(58)
1981 1 灘(139) 2 開成(135) 10 浦和(51) 11 湘南(49)
1982 1 開成(134) 2 灘(121) 10 浦和(54) 13 湘南(43)
1983 1 開成(129) 2 灘(123) 9 湘南(58) 10 浦和(57)
1984 1 開成(134) 2 灘(119) 9 浦和(54) 11 千葉(47)
国私首位 国私二位 公立首位 公立二位 注記
1985 1 開成(157) 2 灘(121) 9 浦和(61) 11 湘南(54) グループ合同選抜
1986 1 開成(162) 2 灘(122) 11 浦和(56) 12 千葉(53)
1987 1 開成(141) 2 灘(131) 14 千葉(51) 18 浦和(48)
1988 1 開成(167) 2 灘(130) 11 千葉(62) 12 浦和(60)
1989 1 開成(167) 2 学芸大附(113) 11 浦和(54) 12 千葉(53)
1990 1 開成(155) 2 灘(123) 10 千葉(62) 11 浦和(60)
1991 1 開成(191) 2 ラサール(105) 10 千葉(61) 12 浦和(58)
1992 1 開成(191) 2 麻布(126) 11 千葉(61) 17 浦和(47)
1993 1 開成(171) 2 ラサール(107) 9 千葉(56) 13 浦和(48) 公立最後のベスト10
1994 1 開成(197) 2 麻布(105) 13 千葉(57) 16 浦和(49)
1995 1 開成(170) 2 学芸大附(110) 14 千葉(55) 16 浦和(50)
1996 1 開成(158) 2 灘(104) 17 千葉(43) 24 土浦第一(32)
国私首位 国私二位 公立首位 公立二位 注記
1997 1 開成(188) 2 学芸大附(111) 16 土浦第一(43) 19 千葉(37) 単独選抜
1998 1 開成(205) 2 麻布(101) 21 岡崎(30) 24 土浦第一(27)
1999 1 開成(165) 2 灘(110) 18 岡崎(35) 22 土浦第一(30)
2000 1 開成(166) 2 灘(103) 20 浦和(32) 21 土浦第一(31)
2001 1 開成(175) 2 筑波駒場(96) 20 土浦第一(32) 21 岡崎(31)
2002 1 開成(164) 2 灘(94) 18 岡崎(36) 20 土浦第一(33)
2003 1 開成(181) 2 筑波駒場(112) 16 岡崎(38) 20 土浦第一(32)
2004 1 開成(177) 2 学芸大附(93) 21 岡崎(31) 23 土浦第一(29)
2005 1 開成(170) 2 筑波駒場(105) 22 岡崎(28) 23 浦和(27)
2006 1 開成(140) 2 麻布(89) 13 岡崎(36) 20 宇都宮(26) 全都学区
2007 1 開成(190) 2 灘(100) 15 浦和(33) 20 土浦第一(28)
2008 1 開成(188) 2 灘(114) 11 岡崎(40) 16 浦和(33)
2009 1 開成(138) 2 筑波駒場(106) 12 岡崎(42) 15 浦和(36)
2010 1 開成(168) 2 灘(103) 12 岡崎(41) 14 日比谷(37)
国私首位 国私二位 公立首位 公立二位 注記
2011 1 開成(171) 2 筑波駒場(103) 11 岡崎(38) 19 浦和(30) 都立中高一貫
2012 1 開成(203) 2 灘(98) 14 浦和(40) 16 旭丘(32)
2013 1 開成(170) 2 灘(105) 11 浦和(46) 15 西(34)
2014 1 開成(158) 2 灘(104) 14 日比谷(37) 16 浦和(33)
2015 1 開成(185) 2 筑波駒場(112) 13 日比谷(37) 22 浦和(27)
2016 1 開成(170) 2 筑波駒場(102) 11 日比谷(53) 19 西(32)
2017 1 開成(161) 2 筑波駒場(102) 12 日比谷(45) 16 旭丘(37)
2018 1 開成(175) 2 筑波駒場(109) 9 日比谷(48) 22 岡崎(26) 都立ベスト10復帰


 日比谷が最後の全国首位を獲得した1967年から、ベスト10復帰した2018年までを紹介しています。この表からは直接読み取れませんが、日比谷のベスト10は1970年が最後です。その後、1977年を最後に都立はベスト10から遠ざかり、1993年を最後に公立もベスト10から遠ざかりました。
 1982年以来、開成は不動の首位を続けています。ただ、国私二位や、公立首位は時代とともに変化しています。その節目が東京都の教育制度改革になります。もちろん、開成も影響を受けているのですが、どの制度でも全国首位を交代させるような影響ありませんでした。一方、公立首位は見事に都立の教育制度改革に影響を受けています。
 学校群時代は、日比谷が姿を消したといっても、戸山、青山、西、富士、立川、都立国立の6校体制で毎年40人前後の東大合格者数を出していました。今の都立重点校よりも層は厚かったのです。ただ、群で分断されているので、単独では合格者数が少なく、首都圏では東京都の次に人口の多い神奈川県の湘南高校が公立トップ校でした。都立高校の完全な凋落が始まったのがグループ合同選抜制度です。東大合格者が一気に都立から私立に移動しました。しかも私立は学区がないことから、都内だけでなく、神奈川県や埼玉県にも影響を及ぼしました。その結果、都内私立の影響が少なかった千葉県の千葉高校に公立トップ校が移りました。
 グループ合同選抜制度の失敗により、都立は単独選抜になりました。その卒業年の1997年を節目に公立首位が岡崎高校に移動しました。これは異常事態です。通常、各大学にもっとも合格者を輩出する公立高校はその大学の地元にあるはずだからです。その状況を終わらせたのが、都立中高一貫校です。日比谷や浦和は中高一貫校ではありませんが、都立中高一貫校の躍進により、公立高校の教育が見直された面もあります。また、2011年の東日本大震災は教育制度とは関係ありませんが、これにより、地方からの東京指向が緩和して、首都圏の高校が相対的に上位に来るようになりました。

東大合格発表2018 - 合格実績二巡目に入った都立一貫校

※この記事の投稿日は3月31日です。

 一貫校には七年周期があります。ある年の合格実績を選択基準として入学した生徒が卒業するのが7年後だからです。ある年に合格実績が良ければ、優秀な生徒が集まり、7年後の躍進が期待でき、ある年に合格実績が悪ければ、優秀な生徒に敬遠され、7年後の不振を軽減するために学習指導を強化する必要があります。

  • 一巡目: 合格実績がないので学校のイメージだけで生徒集めをする必要がある。
  • 二巡目: 一巡目の合格実績を選択基準として生徒が集まる。

 都立一貫校は先鋒の白鴎が2011年に『白鴎ショック』を起こして、今年は二巡目の初年度にあたります。都立一貫校にとって好材料だったのは、受験生側から見て、白鴎の教育が期待通りであれば、他の都立一貫校も同様に期待できるということで、他の一貫校は自校の合格実績が出る前に、好印象の生徒募集が行えるようになったからです。6年前に予測記事を書きましたので改めて都立一貫校の一巡目を振り返ってみます。

【東大合格者数推移】

10 11 12 13 14 15 16 17 18
白鴎 5 3 5 5 1 5 0 6
桜修館 4 6 3 3 3 2 5
小石川 4 5 6 9 14 14 12
両国 3 5 3 4 2 4 3
(区九段) 0 2 1 2 0 2 0
立川国際 2 1 4 1 4
都立武蔵 3 4 11 6 13
大泉 1 6 2
富士 2 0 2
三鷹 1 2 2
南多摩 1 3 5
一貫計 5 14 23 23 24 44 40 54
一校平均 5.0 2.8 4.6 3.3 3.4 4.0 3.6 4.9
都立他 90 94 91 117 115 114 131 118 119
都立計 90 99 105 140 138 138 175 158 173
  • 一貫校には高入生の実績も含む
  • 都立他には一貫校の一期生より前の実績も含む
  • 都立計には区立九段も含む

 都立一貫校は2017年に前年割れをしましたが、それ以外は増加しています。2016年は校数も増えて前年より20人増えましたが、2018年は校数が同じで、前年より14人も増えました。一校平均でみると、校数が増えるたびに一旦平均値が下がるものの、しばらくたつと一校平均の東大合格者数も増えています。何よりも学校を増やせば増やすだけ優秀層が集まる状態です。
 特に白鴎は先鋒として二巡目に入ったわけですが、一貫化後で過去最高の6人を記録しています。おそらく他の学校も二巡目からは躍進してくるでしょう。小石川や都立武蔵は一巡目ですでに二桁合格校にまで成長しており、二巡目ではさらに存在感を高めてくるはずです。