現在、来春終了予定の「はてなダイアリー」から、「はてなブログ」への移行作業を行っています。移行作業中にコメントが喪失しないように、しばらくの間コメントは受け付けていません。記事の更新は従来どおり行っています。

七帝大相当率2014 - 東京都 - 中高一貫女子校 1位〜10位

※この記事は12月31日に書いています。

  • 左から、全国順位、校名、都道府県の略称、卒数(下二桁を[x]でマスク)、東大率、京大率、阪大率、名大率、東北大率、九大率、北大率、早大率、慶大率、七帝大相当率、昨年率
  • △印は国立、○印は私立男子校、●印は私立女子校、◎印は私立共学校、無印は公立校

校名 TH 七帝相 七帝 作率
8 桜蔭 2xx 30.0 0.4 0.9 0.9 0.4 1.3 53.0 36.1 31.00 29.73
39 ●女子学院 2xx 10.5 2.2 1.7 1.3 77.7 26.6 12.40 12.11 17.87
62 ●慶応女子 1xx 2.8 95.0 10.71 0.00 10.60
63 ●豊島岡女 3xx 9.5 0.9 0.9 0.3 0.9 0.6 0.6 50.7 22.8 10.65 8.43
79 ●雙葉 1xx 8.0 0.5 1.1 0.5 0.5 46.3 30.9 9.46 8.78 7.34
118 ●鴎友女子 2xx 4.1 1.4 0.5 0.5 2.8 1.4 35.9 16.1 6.88 5.86 5.56
119 お茶の水 1xx 5.0 1.7 0.8 0.8 36.4 16.5 6.73 6.18 5.44
124 白百合学園 1xx 3.7 1.2 0.6 39.0 23.8 6.46 4.09 5.36
195 ●頌栄女子 2xx 0.5 0.5 0.5 0.5 1.4 21.7 19.9 4.23 1.11 6.77
212 ●吉祥女子 2xx 1.2 0.4 1.2 0.4 37.2 8.9 3.87 1.62 4.04


 慶應女子とお茶の水女子大附属は、中学募集では男女共学ですが、男子は系列高校への進学権がなく、中高一貫教育を享受できるのは女子のみになります。慶應女子の場合、中学募集では共学の慶應中等部として募集し、女子はそのまま隣接敷地にある慶應女子に進めますが、男子は、日吉にある慶應普通部に進学します。一部、希望すれば慶應志木慶應湘南藤沢にも進むことも可能です。お茶の水女子大附属の男子は、一般受験生として外部の高校を受けるしかありません。系列高校の救済処置はありません。
 桜蔭、女子学院、慶應女子、豊島岡女子、雙葉は昨年と同じ順位です。鴎友がその次の地位を固めつつあります。