七帝早慶調整率2020 - 東京都 - 上位20校

※この記事の作成日は7月24日です。

 最初に計算式を紹介します。

  • 七帝調整率=(東大+京大÷2+阪大÷3+名大÷4+東北÷5+九大÷6+北大÷7)÷卒数
  • 早慶調整率=((東大+早大÷6+慶大÷3)÷3-東大)÷卒数、※負数は0に切り上げ
  • 七帝早慶調整率=七帝調整率+早慶調整率

 次に順位表です。左端が都内順位、左から二番目が全国順位です。

  • TH=東北、SK=早慶調整率、NSK=七帝早慶調整率、一桁目は[x]でマスク
校名 TH SK NSK 前位
1 1 △筑波大附駒場 16x 9x x x 8x 6x 58.16 1
2 3 ○開成 39x 18x 1x x x x x x 23x 16x 48.85 2▼
3 4 桜蔭 22x 8x x x x x 15x 9x 38.03 11△
4 8 駒場東邦 22x 6x 1x x x x x x 8x 9x 30.78 12△
5 13 ○麻布 30x 6x 1x x x 13x 10x 23.45 5▼
6 16 ○海城 31x 5x x x x x x 1x 13x 10x 21.40 20△
7 20 ◎渋谷渋谷 23x 3x x x x x x 11x 8x 17.52 36△
8 22 △筑波大附 23x 3x x x x x x 13x 7x 17.32 29△
9 25 ●女子学院 23x 3x x x x x 14x 6x 16.52 35△
10 27 ○武蔵 17x 2x x x x x x 6x 4x 15.53 26▼

 東京都からは、107校がNSKの値0.5を超えています。1位は筑波大附属駒場、2位は開成、3位は桜蔭です。以下、駒場東邦、麻布、海城、渋谷渋谷、筑波大附属、女子学院、武蔵の順番です。
 1位の筑波大附属駒場は、昨年に引き続き都内1位です。全国1位でもあります。東大、早大、慶大で二桁合格です。2位の開成は、東大、早大、慶大で三桁合格、京大で二桁合格です。3位の桜蔭は、昨年の都内4位から上昇しました。東大、慶大で二桁合格、早大で三桁合格です。

校名 TH SK NSK 前位
11 35 日比谷 32x 4x x x 1x x 16x 11x 13.51 25▼
12 38 西 31x 2x 2x x x 1x x 1x 12x 7x 0.59 13.16 44△
13 44 国立・都立 31x 1x 1x x x 1x x 1x 14x 7x 1.85 12.11 70△
14 45 学芸大 30x 2x x x x x x 12x 8x 11.91 27▼
15 60 慶応義塾女子 21x 20x 10.90 10.90 52▼
16 65 ○早稲田 30x 2x x x x x 24x 5x 0.47 10.49 64▼
17 66 ●豊島岡女 33x 2x x x x x x 1x 14x 10x 10.42 63▼
18 76 世田谷学園 20x 1x x x x x 8x 7x 2.63 9.07 46▼
19 80 小石川(中) 15x 1x x x x 5x 2x 8.75 37▼
20 82 ○芝 28x 1x x x x x x x 10x 5x 0.91 8.63 81▼
校名 TH SK NSK 前位
107 724 31x x 1x x 0.45 0.50 524▼

 都内21位から107位までの進学校は、全都道府県を紹介しおえたあとに、別記事で紹介します。