七帝早慶調整率2020 - 北海道

※この記事の作成日は7月23日です。

 七帝早慶調整率の2020年版を始めます。各都道府県47稿と追加で東京都4稿、神奈川県、愛知県、大阪府兵庫県にそれぞれ2稿、合計59稿を予定しています。今年は、追加稿はすべての都道府県を紹介しおえたあと公開する予定です。したがって、沖縄県まで年内に紹介しおえる予定です。
 最初に計算式を紹介します。

  • 七帝調整率=(東大+京大÷2+阪大÷3+名大÷4+東北÷5+九大÷6+北大÷7)÷卒数
  • 早慶調整率=((東大+早大÷6+慶大÷3)÷3-東大)÷卒数、※負数は0に切り上げ
  • 七帝早慶調整率=七帝調整率+早慶調整率

 次に順位表です。左端が道内順位、次が全国順位です。

  • TH=東北、SK=早慶調整率、NSK=七帝早慶調整率、一桁目は[x]でマスク
校名 TH SK NSK 前位
1 18 ○北嶺 12x 1x x x x 3x 1x x 18.72 42△
2 30 札幌南 31x 1x 1x 1x x 1x x 9x 1x x 14.70 33△
3 52 札幌北 31x x x 1x x x x 13x 1x x 11.47 106△
4 191 札幌西 32x x x x x 6x 1x x 0.38 4.47 167▼
5 194 立命館慶祥 30x x x x x 2x 1x 4.44 413△
6 198 札幌東 32x x x x x 7x x 0.05 4.23 192▼
7 204 旭川 28x x x x x 4x x x 0.39 4.06 183▼
8 259 室蘭栄 22x x x x 2x x 2.91 364△
9 295 帯広拍葉 27x x x x 3x x x 0.22 2.40 348△
10 315 札幌旭丘 31x x x x 3x x x 0.19 2.16 307▼

 北海道では、29校がNSKの値0.5以上です。1位は北嶺、2位は札幌南、3位は札幌北です。以下、札幌西、立命館慶祥、札幌東、旭川東、室蘭栄、帯広柏葉、札幌旭丘の順です。
 1位の北嶺は少数精鋭の私立男子校で、昨年の道内2位から、今年は1位になりました。東大、北大、早大で二桁合格をしています。2位の札幌南は、東大、京大、阪大、東北大、北大、早大で二桁合格です。3位の札幌北は、北大で三桁合格を達成し、阪大、早大で二桁合格です。

校名 TH SK NSK 前位
11 353 ○函館ラサール 14x 1x 1x x 0.87 1.88 324▼
12 374 釧路湖陵 25x x x x 1x x 1.78 456△
13 406 札幌開成(中) 15x x x 1x 1.55 329▼
14 408 札幌第一 40x x x x 2x x 1.52 488△
15 410 北見北斗 24x x x 1x x x 0.18 1.51 494△
16 428 函館中部 25x x x x 1x x 0.07 1.36 355▼
17 466 小樽潮陵 23x x x x x x 1.19 502△
18 496 ◎札幌光星 43x x x x 1x x 1.10 610△
19 504 札幌啓成 30x x x x 1x 1.05 625△
20 559 札幌月寒 33x x x 1x x 0.07 0.86 710△
校名 TH SK NSK 前位
21 571 岩見沢 19x x x x 0.83 691△
22 572 札幌国際情報 30x 1x x 0.04 0.83 704△
23 584 旭川 28x x 1x x x 0.06 0.78 589△
24 595 北広島 31x x 1x 0.74 573▼
25 628 札幌日大 43x x x 1x x 0.03 0.68 -△
26 633 苫小牧東 23x 1x 0.67 -△
27 672 ●遺愛女子 20x x x x x 0.05 0.60 -△
28 674 寿都 2x x 0.60 -△
29 696 滝川 21x x x x 0.03 0.54 694▼