旧帝大の都道府県別合格者数推移 - 九州大学

※この記事の作成日は1月11日です。

 下記の表は年毎に合格者数と都道府県順位を掲載したものです。最高順位が10位以内の都道府県を掲載しています。掲載順は最高順位が上位のものからで、最高順位が同順の場合は先にその順位を記録したものからです。なお、合格者数は、実合格者数ではなく、著名な進学校1500校程度を集計したものです。

'10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18 '19
福岡 1069 1 1064 1 971 1 998 1 997 1 958 1 999 1 1008 1 937 1 917 1
長崎 204 2 209 2 164 2 171 2 138 2 141 4 165 3 157 2 172 3 157 4
広島 100 7 113 6 146 5 122 3 135 3 164 2 143 4 155 3 176 2 166 3
熊本 139 4 143 4 156 3 118 4 122 4 130 7 169 2 130 5 169 4 168 2
佐賀 144 3 153 3 124 6 98 7 94 7 141 4 130 5 132 4 110 6 117 7
大分 121 6 111 7 107 7 107 6 94 7 142 3 119 7 99 7 85 8 120 6
鹿児 139 4 128 5 148 4 110 5 121 5 132 6 124 6 112 6 127 5 127 5
山口 99 8 84 9 77 8 78 8 109 6 82 8 80 8 92 8 83 9 102 8
宮崎 98 9 94 8 64 10 61 10 77 9 61 9 80 8 82 10 91 7 87 9
岡山 65 10 58 11 65 9 65 9 55 10 50 11 52 11 68 11 70 11 75 10
兵庫 58 11 47 12 59 12 55 11 45 12 59 10 78 10 84 9 71 10 67 11
愛媛 58 11 70 10 63 11 48 12 46 11 43 13 36 14 40 12 54 13 45 14
合計 2537 - 2519 - 2462 - 2357 - 2363 - 2472 - 2565 - 2559 - 2583 - 2583 -

 福岡県は、ここ10年間で常に1位です。合格者数は最大1069人、最小917人です。長崎県は、ここ10年間で2位を6回記録しています。最新は4位です。合格者数は最大209人、最小138人です。広島県は、2015年と2018人に2位を記録しています。それ以外に3位が4回です。最新は3位です。合格者数は最大176人、最小100人です。熊本県は、2016年と2019年に2位を記録しています。それ以外に3位が3回です。最新は2位です。合格者数は最大169人、最小122人です。佐賀県は、2010年と2011年に3位を記録しています。それ以外に7位が3回です。最新は7位です。合格者数は最大153人、最小94人です。大分県は、2015年に3位を記録しています。それ以外に7位が5回です。最新は6位です。合格者数は最大142人、最小85人です。鹿児島県は、2010年と2012年に4位を記録しています。それ以外に5位が5回です。ここ2年間は5位です。合格者数は最大139人、最小110人です。山口県は、2016年に6位を記録しています。それ以外に8位が7回です。最新は8位です。合格者数は最大109人、最小77人です。宮崎県は、2018年に7位を記録しています。それ以外に9位が4回です。最新は9位です。合格者数は最大98人、最小61人です。
 岡山県は、2012年と2013人に9位を記録しています。最新は10位です。合格者数は最大75人です。兵庫県は、2017年に9位を記録しています。最新は10位圏外です。合格者数は最大84人です。愛媛県は、2011年に10位を記録しています。それ以後は10位圏外です。合格者数は最大70人です。
 九州島にある7県と広島県山口県が常に上位10位以内にいます。