旧帝大の都道府県別合格者数推移 - 名古屋大学

※この記事の作成日は1月11日です。

 下記の表は年毎に合格者数と都道府県順位を掲載したものです。最高順位が10位以内の都道府県を掲載しています。掲載順は最高順位が上位のものからで、最高順位が同順の場合は先にその順位を記録したものからです。なお、合格者数は、実合格者数ではなく、著名な進学校1500校程度を集計したものです。

'10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18 '19
愛知 1082 1 1004 1 1029 1 1032 1 1070 1 1080 1 1122 1 1115 1 1167 1 1107 1
岐阜 228 2 233 2 221 2 200 2 177 2 206 2 166 2 187 2 187 2 176 2
静岡 118 3 133 3 106 4 128 3 105 4 116 4 135 3 140 3 123 3 135 3
三重 116 4 126 4 142 3 114 4 118 3 141 3 128 4 122 4 100 4 132 4
長野 53 5 50 5 47 5 32 6 44 5 45 5 48 5 45 6 35 9 45 5
石川 35 8 48 6 40 6 50 5 37 6 36 8 43 6 33 8 38 7 29 9
東京 20 13 23 13 38 7 24 10 36 7 40 6 39 7 51 5 45 5 44 6
福井 45 6 35 7 34 8 28 8 32 8 23 11 26 11 30 10 37 8 34 8
兵庫 36 7 17 15 25 12 31 7 26 10 40 6 31 10 31 9 32 10 29 9
富山 30 9 27 10 33 9 27 9 32 8 29 9 36 8 26 11 39 6 25 11
神奈 9 25 29 9 28 10 19 13 15 15 22 12 34 9 36 7 30 11 24 13
大阪 21 12 24 11 27 11 22 11 17 14 20 13 21 14 24 12 29 12 35 7
広島 23 11 30 8 10 23 20 12 19 11 14 20 23 13 16 17 19 14 23 14
滋賀 26 10 13 20 25 12 18 15 15 15 27 10 25 12 23 14 18 16 14 21
合計 2079 - 2058 - 2050 - 1976 - 1985 - 2080 - 2141 - 2137 - 2143 - 2116 -

 愛知県は、ここ10年間、常に1位です。合格者数は最大1167人、最小1104人です。岐阜県は、ここ10年間、常に2位です。合格者数は最大233人、最小166人です。静岡県は、ここ10年間で3位を7回記録しています。ここ4年間は3位です。合格者数は最大140人、最小105人です。三重県は、ここ10年間で3位を3回記録しています。ここ4年間は4位です。合格者数は最大142人、最小100人です。長野県は、ここ10年間で5位を7回記録しています。最近は5位です。合格者数は最大53人、最小35人です。石川県は、2013年に5位を記録しています。最近は9位です。合格者数は最大53人、最小29人です。
 東京都は、2017年と2018年に5位を記録しています。最近は6位です。合格者数は最大51人です。福井県は、2010年に6位を記録しています。ここ2年間は8位です。合格者数は最大45人です。兵庫県は、2015年に6位を記録しています。最近は9位です。合格者数は最大40人です。富山県は、2018年に6位を記録しています。最近は10位圏外です。合格者数は最大39人です。神奈川県は、2017年に7位を記録しています。ここ2年間は10位圏外です。合格者数は最大36人です。大阪府は、2019年に7位を記録しています。最近は7位です。合格者数は最大35人です。広島県は、2011年に8位を記録しています。それ以後は10位圏外です。合格者数は最大30人です。滋賀県は、2010年と2015年に10位を記録しています。ここ4年間は10位圏外です。合格者数は最大27人です。
 上位4県を東海4県が独占しています。