旧帝大の都道府県別合格者数推移 - 大阪大学

※この記事の作成日は1月11日です。

 下記の表は年毎に合格者数と都道府県順位を掲載したものです。最高順位が10位以内の都道府県を掲載しています。掲載順は最高順位が上位のものからで、最高順位が同順の場合は先にその順位を記録したものからです。なお、合格者数は、実合格者数ではなく、著名な進学校1500校程度を集計したものです。

'10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18 '19
大阪 817 1 789 1 807 1 789 1 817 1 792 1 889 1 839 1 860 1 816 1
兵庫 536 2 494 2 411 2 466 2 422 2 458 2 483 2 457 2 469 2 486 2
奈良 201 3 186 4 205 4 172 3 185 3 206 4 191 4 184 3 191 3 198 3
愛知 138 6 219 3 154 5 139 5 144 5 143 5 126 5 121 6 139 5 147 5
京都 189 4 160 6 210 3 144 4 170 4 214 3 225 3 180 4 173 4 194 4
広島 175 5 171 5 128 6 138 6 118 6 135 6 125 6 138 5 136 6 120 6
岡山 113 7 100 7 89 7 81 9 91 7 81 9 85 9 81 9 78 9 81 9
滋賀 86 9 87 8 78 10 86 7 68 10 88 7 86 8 92 7 82 8 85 8
福岡 67 11 77 9 81 9 86 7 80 8 86 8 94 7 83 8 107 7 74 10
東京 36 19 51 16 56 12 54 15 69 9 78 10 64 12 64 11 55 12 89 7
三重 88 8 73 10 83 8 73 10 52 14 53 13 59 13 45 18 40 20 37 18
愛媛 74 10 68 11 51 14 59 14 59 13 50 14 66 11 57 12 59 11 42 16
石川 59 15 54 15 61 11 67 11 66 11 65 11 67 10 73 10 73 10 61 11
合計 3320 - 3297 - 3193 - 3127 - 3075 - 3209 - 3284 - 3172 - 3205 - 3170 -

 大阪府は、ここ10年間、常に1位です。合格者数は最大889人、最小789人です。兵庫県は、ここ10年間、常に2位です。合格者数は最大536人、最小411人です。奈良県は、ここ10年間で3位を6回記録しています。ここ3年間は3位です。合格者数は最大206人、最小172人です。愛知県は、2011年に3位を記録しています。それ以外は、5位が7回です。ここ2年間は5位です。合格者数は最大219人、最小121人です。京都府は、ここ10年間で3位を3回記録しています。ここ3年間は4位です。合格者数は最大214人、最小144人です。は、ここ10年間で5位を3回記録しています。ここ2年間は6位です。合格者数は最大175人、最小118人です。
 岡山県は、ここ10年間で7位を4回記録しています。ここ5年間は9位です。合格者数は最大113人、最小78人です。は、ここ10年間で7位を3回記録しています。ここ2年間は8位です。合格者数は最大92人、最小68人です。福岡県は、ここ10年間で7位を3回記録しています。最近は10位です。合格者数は最大94人です。東京都は、2019年に7位を記録しています。最近は7位です。合格者数は最大89人です。三重県は、2010年と2012年に8位を記録しています。2014年以後、10位圏外です。合格者数は最大88人です。愛媛県は、2010年に10位を記録しています。それ以後は10位圏外です。合格者数は最大74人です。石川県は、ここ10年間で10位を3回記録しています。最近は10位圏外です。
 ここ10年間、上位6府県を関西圏の二府二県と愛知県と広島県が占めています。合格者数の増減に特に決まった傾向はありません。