旧帝大の都道府県別合格者数推移 - 京都大学

※この記事の作成日は1月11日です。

 下記の表は年毎に合格者数と都道府県順位を掲載したものです。最高順位が10位以内の都道府県を掲載しています。掲載順は最高順位が上位のものからで、最高順位が同順の場合は先にその順位を記録したものからです。なお、合格者数は、実合格者数ではなく、著名な進学校1500校程度を集計したものです。

'10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18 '19
大阪 516 1 576 1 556 1 551 1 551 1 534 1 518 1 425 1 501 1 460 1
兵庫 357 2 337 2 309 3 317 2 301 2 291 3 310 2 319 2 318 2 329 2
京都 300 3 326 3 340 2 292 3 284 3 293 2 309 3 280 3 287 3 278 3
奈良 262 4 239 4 214 4 240 4 212 5 232 5 198 6 196 6 208 5 185 6
愛知 206 5 207 5 214 4 204 5 236 4 241 4 226 4 243 4 241 4 238 4
東京 97 8 87 8 162 6 149 6 160 6 204 6 204 5 209 5 207 6 221 5
広島 108 6 90 7 95 7 128 7 93 8 86 8 107 7 96 7 72 9 78 8
福岡 102 7 92 6 85 8 89 8 101 7 93 7 76 8 82 9 80 8 103 7
滋賀 67 9 73 9 74 9 74 9 68 10 65 9 68 10 94 8 86 7 76 11
神奈 39 15 44 17 28 18 47 13 71 9 61 10 71 9 62 12 64 10 78 8
三重 64 10 58 10 59 11 66 10 43 14 61 10 45 14 54 13 42 15 51 12
静岡 52 13 48 14 60 10 60 12 54 12 53 12 66 11 66 10 59 11 77 10
合計 2872 - 2866 - 2859 - 2865 - 2853 - 2830 - 2844 - 2822 - 2819 - 2827 -

 大阪府は、ここ10年間で常に1位です。合格者数は最大576人、最小425人です。兵庫県は、ここ10年間で2位を8回記録しています。ここ4年間は連続2位です。合格者数は最大357人、最小291人です。京都府は、2012年と2015年に2位を記録してます。それ以外は3位を8回記録しています。ここ4年間は連続3位です。合格者数は最大340人、最小278人です。奈良県は、ここ10年間で4位を4回記録しています。最近は6位です。合格者数は最大262人、最小185人です。愛知県は、ここ10年間で4位を7回記録しています。ここ6年間は連続4位です。合格者数は最大243人、最小206人です。東京都は、ここ10年間で5位を3回記録しています。最近は5位です。合格者数は最大221人、最小97人です。
 広島県は、2010年に6位を記録しています。それ以外は7位が5回です。最近は8位です。合格者数は最大128人、最小72人です。福岡県は、ここ10年間で7位を4回記録しています。最近は7位です。合格者数は最大103人、最小76人です。滋賀県は、2018年に7位を記録しています。それ以外は9位を5回記録してます。最近は10位圏外です。合格者数は最大94人です。神奈川県は、2019年に8位を記録しています。それ以外は9位を2回記録しています。合格者数は最大78人です。三重県は、ここ10年回で10位を4回記録しています。ここ4年間は10位圏外です。合格者数は最大64人です。静岡県は、2017年と2019年に10位を記録しています。最近は10位です。合格者数は最大77人です。
 2012年以後は、上位6都府県を関西圏二府二県と愛知県と東京都が占めています。関西二府二県は微減傾向、愛知県は増加、東京都は急増傾向です。