旧帝大の都道府県別合格者数推移 - 東京大学

※この記事の作成日は1月11日です。

 下記の表は年毎に合格者数と都道府県順位を掲載したものです。最高順位が10位以内の都道府県を掲載しています。掲載順は最高順位が上位のものからで、最高順位が同順の場合は先にその順位を記録したものからです。なお、合格者数は、実合格者数ではなく、著名な進学校1500校程度を集計したものです。

'10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18 '19
東京 999 1 1034 1 1059 1 1105 1 1097 1 1176 1 1150 1 1099 1 1140 1 1121 1
神奈 264 2 260 2 289 2 265 2 307 2 292 2 287 2 312 2 344 2 318 2
愛知 201 3 156 4 175 4 174 4 157 4 126 5 153 4 146 4 151 4 152 4
兵庫 191 4 187 3 182 3 178 3 176 3 180 3 184 3 183 3 178 3 166 3
千葉 102 5 86 7 120 5 132 5 113 5 130 4 152 5 146 4 129 5 147 5
埼玉 89 6 104 5 113 6 115 6 104 6 100 6 114 6 95 6 93 6 114 6
福岡 75 8 94 6 69 8 88 7 75 7 84 7 75 8 72 8 71 7 75 7
広島 78 7 75 8 76 7 70 8 62 10 61 10 52 11 68 9 56 9 63 9
奈良 70 9 75 8 68 9 58 9 62 10 65 9 77 7 73 7 54 10 72 8
大阪 47 15 64 11 64 10 49 12 66 8 56 12 47 12 38 16 51 11 53 11
茨城 50 13 66 10 59 12 58 9 65 9 67 8 55 10 57 10 45 13 58 10
鹿児 54 11 58 12 48 14 53 11 60 13 37 17 60 9 56 11 58 8 43 14
岡山 58 10 50 15 26 21 36 18 40 16 42 16 22 25 45 14 37 16 45 13
京都 44 16 53 14 39 15 42 14 62 10 47 13 27 23 54 12 45 13 43 14
合計 3055 - 3059 - 3061 - 3066 - 3082 - 3077 - 3086 - 3061 - 3067 - 3062 -

 東京都は、ここ10年間、常に1位で、合格者数は最大1176人、最小999人です。神奈川県は、ここ10年間、常に2位で、合格者数は最大344人、最小260人です。愛知県は、2010年に3位でしたが、それ以外は4位を8回記録しています。ここ4年間、常に4位です。合格者数は最大201人で、最小126人です。兵庫県は、2011年以後9年間3位です。合格者数は、最大191人で、最小166人です。千葉県は、2015年と2017年に4位を記録しましたが、それ以外は5位を7回記録しています。ここ2年間は5位です。合格者数は最大152人、最小86人です。埼玉県は、2011年に5位を記録しましたが、それ以外は6位を9回記録しています。2012年以後8年間6位です。合格者数は最大115人、最小89人です。
 福岡県は、2011年に6位を記録しましたが、それ以外は7位を5回記録しています。ここ2年間は7位です。合格者数は最大94人、最小69人です。広島県は、2010年と2012年に7位を記録しています。ここ3年間は9位です。合格者数は最大78人です。奈良県は、2016年と2017年に7位を記録しています。最近は8位です。合格者数は最大77人、最小54人です。大阪府は、2014年に8位を記録しています。ここ5年間は10位圏外です。合格者数は最大66人です。茨城県は、2015年に8位を記録しています。最近は10位です。合格者数は最大67人です。鹿児島県は、2018年に8位を記録しています。前回は10位圏外です。合格者数は最大60人です。岡山県は、2010年に10位を記録しています。前回は10位圏外です。合格者数は最大58人です。京都府は、2014年に10位を記録しています。前回は10位圏外です。合格者数は最大62人です。
 上位6都府県の顔ぶれは10年間同じです。首都圏の一都三県に兵庫県と愛知県が加わる構図です。