公立校ランキング2010-2016 - 2011年

スマホで表を見る場合、画面を横向きにし、必要ならPCビューにしてください。

※この記事の投稿日は4月16日です。

 七帝早慶調整率で2011年の公立進学校のランキングを追ってみます。

  • 左から、順位、校名、都道府県の略称、卒数(下二桁を[x]でマスク)、東大率、京大率、阪大率、名大率、東北率、九大率、北大率、早慶調整率、七帝早慶調整率、前年順位

校名 TH SK 調整率 前位
1 18 岡崎 3xx 10.4 5.4 3.5 15.3 1.1 0.3 1.6 18.57 19△
2 20 旭丘 3xx 7.9 7.9 6.6 9.1 1.9 0.6 16.79 13▼
3 25 天王寺 3xx 0.3 19.6 16.7 0.3 0.6 0.4 16.25 63△
4 30 北野 3xx 0.9 15.8 14.6 0.6 1.2 1.9 0.2 14.49 41△
5 33 一宮 3xx 3.7 5.7 5.4 22.2 0.9 14.08 42△
6 34 堀川・市立 2xx 2.8 16.1 6.0 0.4 1.6 13.21 25▼
7 36 鶴丸 鹿 3xx 8.0 1.9 4.5 1.0 1.3 11.9 0.3 13.03 68△
8 40 時習館 3xx 3.7 6.2 5.0 14.6 0.9 0.6 12.45 40
9 41 修猷館 3xx 3.3 4.0 3.3 0.3 0.8 33.8 1.5 12.44 67△
10 44 大手前 3xx 0.3 14.3 12.1 0.3 0.6 1.9 0.2 12.15 72△


 1位は、愛知県の岡崎です。東大率と名大率で1割を超えています。2位も同じく愛知県の旭丘です。1割を超えた大学はありませんが、東大、京大、阪大、名大で5%を超えています。3位は大阪府天王寺です。京大率と阪大率が1割を超えています。4位は同じく大阪府の北野です。京大率と阪大率で1割を超えています。5位は愛知県の一宮です。名大率で2割を超えています。
 6位は京都府の堀川です。京大率1割を超えています。7位は鹿児島県の鶴丸です。東大率が8%で、九大率が1割を超えています。8位は愛知県の時習館です。名大率が1割超えです。9位は福岡県の修猷館です。九大率が実に3割を超えています。10位は大阪府の大手前で、京大率と阪大率が1割を超えています。

校名 TH SK 調整率 前位
11 45 膳所 4xx 1.6 13.0 10.0 0.9 0.5 0.2 0.9 11.94 70△
12 46 岡山朝日 3xx 6.0 5.6 7.2 0.3 0.3 3.1 0.6 11.93 44▼
13 47 札幌南 3xx 3.8 2.2 1.6 0.3 1.9 40.6 11.62 65△
14 48 土浦第一 3xx 9.0 0.9 0.9 1.2 5.9 0.3 1.5 11.51 73△
15 49 四日市 3xx 3.7 6.5 6.5 8.5 0.3 0.3 1.1 11.47 78△
16 50 明和 3xx 0.9 3.5 5.0 23.6 0.9 0.9 0.7 11.29 60△
17 51 札幌北 3xx 2.2 1.6 1.6 0.9 3.7 0.6 46.1 11.15 102△
18 52 岐阜 3xx 2.8 6.7 4.7 12.8 0.6 0.6 11.13 35▼
19 53 浦和・県立 3xx 8.3 1.1 0.3 0.8 7.2 0.8 2.5 11.07 64△
20 56 日比谷 3xx 8.7 1.2 2.1 0.9 0.3 1.8 0.5 10.96 37▼


 11位以下では、首都圏から、茨城県土浦第一が14位、埼玉県の浦和が19位、東京都の日比谷が20位となっています。2011年では首都圏の公立校は10位以内に存在せず、不調でした。中京圏から、三重県四日市が15位、愛知県の明和が16位、岐阜が18位です。関西圏では滋賀県膳所が11位です。その他の地方では、岡山朝日が12位です。