グループ合同選抜12年史 - 1997年 廃止元年

スマホで表を見る場合、画面を横向きにし、必要ならPCビューにしてください。

※この記事は3月1日に書いています。

 グループ合同選抜制度廃止元年となります。ただし、グループ合同選抜制度最終学年の浪人がまだいた時代です。

1996年 1997年
首都圏合計 1078 244 312 首都圏合計 1104 271 342
1 ○開成 158 1 ○開成 188
2 ○麻布 103 2 学芸大 111
3 △筑波駒場 102 3 桐蔭学園 95
4 桜蔭 93 4 ○麻布 93
5 学芸大 90 5 桜蔭 92
6 桐蔭学園 83 6 △筑波駒場 90

 私立、国立、公立とも前年より微増ですが、公立衰退の流れは止められません。東大合格者80名以上で上位6校がグループを形成しています。

1996年 1997年
7 ○武蔵 66 7 巣鴨 63
8 栄光学園 60 8 ○武蔵 58
9 巣鴨 53 9 駒場東邦 57
10 駒場東邦 47 10 栄光学園 48
10 桐朋 47 11 △筑波大附 46
12 ○海城 45 12 ○海城 45
13 千葉 43 13 土浦第一 43
14 聖光学院 40 14 桐朋 41
15 △筑波大附 37 15 千葉 37
16 土浦第一 32 16 ○女子学院 35
17 ●女子学院 31 17 浦和 32
18 浦和 24 18 聖光学院 30
19 ○浅野 23 19 お茶の水 24
20 東葛 22 20 ○浅野 20

 7位以下は、混沌としています。巣鴨、武蔵、駒場東邦、栄光は安定していますが、それでも、桐朋、海城、筑波大附が上位10校を狙っています。また、土浦第一が43名となり、首都圏トップ公立として時代が始まります。