神奈川県公立事情2014 - 湘南と翠嵐の共存共栄

スマートフォンで表を見るためには、PCビューに切り替えて画面を横向きにしてください。

 現時点ではまだ神奈川県公立の復権は始まったばかりです。伝統の湘南と、地の利の翠嵐という構造で、復権の歯車が回りはじめたばかりです。2年、3年と経過を待つと、神奈川県も大きな変動が来るような気がします。
 以下で2005年以後の両校による東大合格者数の推移を紹介します。

年度 湘南 翠嵐 合計
2005年 9 3 12
2006年 9 5 14
2007年 11 4 15
2008年 8 9 17
2009年 8 14 22
2010年 11 10 21
2011年 10 9 19
2012年 21 11 31
2013年 14 17 31
2014年 17 22 39

 2005年が近年では最低数でした。2007年に湘南が6年ぶりの二桁合格、2009年に翠嵐が、実に17年ぶりの二桁合格です。2010年に両校が二桁そろい踏みをして、2012年以後は両校とも3年連続二桁です。最近では湘南17名、翠欄22名と両校とも20名合格の水準です。2年後か3年後に両校あわせて60名台になると思います。そうなると神奈川県に雁行現象がおき、公立と私立の勢力図に大きな変化が現れると思います。