七帝大率から見る全国名門校2013 - 北陸甲信地方ランキング

 この指標の目的である地方単位での比較をしたいと思います。北陸甲信6県の上位13校を紹介します。

  • [位] は全国順位、[卒数](下二桁をマスク)は実数、それ以外は百分率、[TH]は東北率、早慶は参考情報
校名 TH 七帝大
1 34 △金沢大附 1xx 8.9 4.1 2.4 3.3 1.6 2.4 21.1 11.4 13.28%
2 60 高岡 2xx 4.0 4.0 7.2 2.9 2.2 2.2 11.5 5.4 9.79%
3 61 金沢泉丘 3xx 3.8 4.1 6.6 3.8 1.3 0.5 3.0 5.8 3.5 9.74%
4 94 藤島 3xx 3.3 3.0 4.5 3.0 0.9 0.9 1.5 5.9 3.0 7.51%
5 105 富山 2xx 2.2 1.1 6.3 3.0 2.6 3.7 7.4 1.5 6.64%
6 122 小松 3xx 0.6 1.6 4.7 4.4 3.8 0.9 5.0 0.3 0.3 5.70%
7 126 新潟 3xx 2.8 1.8 0.8 0.3 5.8 2.3 8.9 4.1 5.49%
8 127 富山中部 2xx 2.5 0.7 3.3 0.4 5.4 0.4 1.8 8.7 6.2 5.48%
9 130 ◎片山学園 1xx 2.5 0.8 1.7 1.7 6.8 0.8 5.9 5.9 5.43%
10 138 長野 3xx 2.5 0.9 2.2 1.2 4.3 0.3 1.9 15.5 5.9 5.16%
校名 TH 七帝大
13 207 甲府 2xx 1.4 1.1 0.7 1.1 3.6 1.1 3.3 4.0 3.39%

 どうしても核となる優先旧帝大がある北陸3県が上位にきます。一方、甲信越3県は核となる優先旧帝大がないので、数値的に低く評価されます。この3県は関東地方に隣接しているので、早慶の影響力が強く、早慶の指標を加えないと不利な気がします。これは来年以後の課題です。