東大二桁合格校列伝 - 1951年長野県(松本深志)

スマホで表を見る場合、画面を横向きにし、必要ならPCビューにしてください。

校名 初二桁 人数 最高 人数 最終 登場
26 松本深志 1951年 15名 1968年 31名 2010年 44回

 長野県からの最初の登場校は、1951年の松本深志です。最高数は31名、初登場以来44回登場と地方トップ校としては申し分のない実績です。ただ、1984年までは33回連続二桁でしたが、それ以後は、登場の割合が減っています。